前場の日経平均は、NY株高を好感して19,918円(+52)まで直近高値を切り上げると、週初からの続伸の反動や11時発表の中国マクロ指標を重しにドル円主導で調整色を強め、19,800円台半ばまで軟化。

東証主力株は高安マチマチ。5411 JFE、5801 古河電工、6366 千代建、7012 川崎重工、7011 三菱重工、3436 SUMCOが買われた一方、6301 コマツ、6305 日立建機、6758 ソニー、5706 三井金属などが軟調に推移。

中小型株は 3551 ダイニック、3193 鳥貴族、6630 ヤーマン、3134 Hamee、6208 石川製作所、6058 ベクトル、4120 スガイ化学、4960 ケミプロ化成、4597 ソレイジア、8704 トレイダーズ、5216 倉元製作所などに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 利確賛成ムード
先週末終値から600円超の上昇を受けた利確賛成ムードがメイン。もっとも、19,700円台では押し目買いが下支えとなるために底堅い展開が想定されます。

■ 午後の戦略 : 取捨選択 → 押し目買い!
「上昇トレンド継続、短期的には調整優位」を念頭に置いた弱トレンド銘柄の手仕舞いと好トレンド銘柄の押し目買い・上昇時の売りすぎ注意スタンスを継続。リチウム電池関連を中心に、将来性よりもパニック買いが目立った銘柄も部分的に売却しておくのが賢明。

★ 6723 ルネサス

8/7 + 8/15 ≒ 1,064円 → 9/13 1,246円 +178 17%上昇
買い一巡後も1,200円台で利確をこなしながら堅調に推移。上記「パニック買い銘柄」の一種ですので一定以上の利確はこなしつつ、安値玉を生かした回転売買継続も妙手。

昨日のコメント経由で公開
させていただいた ☆ 先週末からのスポット銘柄は前場の一段高によりご提案来約10%高を達成!本日の個別需給の不安定な中、寄りから買っても4%強の上昇に!!(現在の新規買い対象★☆Sラボ銘柄は4つ)

■ 余談 : 
中国8月マクロ指標
11:00発表の中国8月マクロ指標は 鉱工業生産(前年比+6.0%、予想+6.6%)、小売売上高(同+10.1%、予想+19.5%)、固定資産投資(同+7.8%、予想+8.2%)と、全て若干コンセンサスを下回って着地。

中国の統計は政府サイドの期待値のようなものであり、話半分だと仮定しても悪い数字ではないため、短期的には過度の警戒は不要です。ただし、予想会社と結託しながらコンセンサスをやや上回るように数値を調整してきた従来までと異なり、やや下回るものが顕著となっている直近の傾向は、「中国実体経済の悪化が隠し切れない状況となっている可能性」には要注意。

では 午後もよろしくお願いします。