本日の日経平均は続落。NY市場は前日の短期調整を経て上値を試したものの、日銀の国債買い入れ縮小思惑を建て前とする円高基調がネックとなって上値を重くすると、昼過ぎ発表の中国12月貿易収支における期待外れの輸入の伸び(前年比+4.5%、市場予想+13.0%)や12月景気ウォッチャー指数の悪化が嫌気されて23,588円(−122)まで下落。

東証主力株は売り優勢の中、9983 ファストリが1銘柄で日経平均を109円押し上げた一方、8028 ユニー、9984 ソフトバンク、6971 京セラの下げが足枷に。

中小型株は 4187 大阪有機、9972 アルテック、7818 トランザクション、7744 ノーリツ鋼機、3611 マツオカコーポ、2453 JBR、6835 アライドテレシス、4571 ナノキャリア、4579 ラクオリア創薬、3540 歯愛メディカル、6494 NFKなどが商いを伴って急騰。

日経平均 23,653円 −56、Topix 1,876 −11

225先物(3月限)23,640円 為替 111.24円/ドル
NYダウ先物 25,565ドル +10

big

■ 後記 : 年初からの6営業日は
ウェルビー(6556)、モリテックスチール(5986)の大幅高に加えて、住友鉱山(5713)から★三井金属(5706)へのスイッチ、「日本ゼオンの手仕舞い、☆ フェローテックの買い直し」などが一定の効果を示した一方、テクノホライゾン(6629)の早売り、〜(略)〜などの反省点も。

来週は☆★新銘柄も交えて「年初の特殊需給による上ブレ」の次の相場に対応していきたいと思います。
     (会員サークルより >>Sラボ参加案内

※ 来週の展望はこちらで日曜午前中までに、無料メルマガは同15時配信予定です。

     button3

では 今週もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!