おはようございます。

昨日のNY市場は反落。前日の大幅高(+322)による高値警戒感、コンセンサスを下回った12月住宅着工や1月フィラデルフィア連銀製造業景気指数を重石に25,947ドル(−168)まで下落すると、引けにかけては押し目買いにより底堅く推移。個別では前日の決算を嫌気された非鉄大手アルコアが大幅安となった一方、バンカメ、ウォルマート、ハイテク株が指数を下支え。

ドル円は米10年債利回りが2.6%台に乗せたものの、直近の円売りポジションの巻き戻しがネックとなって111円台前半で伸びを欠く格好。日経先物は反発。

NYダウ 26,018ドル −97、ナスダック 7,296 −2

米10年債  2.618% +0.040、NY原油 63.95 −0.02
為替 111.05円/ドル、日経先物 23,870円 +100

big (9)

□ 本日の展望 :持ち合い ± 先物需給
夜間の日経先物に追随した反発スタート後、引けにかけては週末要因のポジション整理と押し目買いが交錯する方向感の乏しい流れが本線。想定レンジは23,700〜23,950円。引き続き、日米企業決算の本格化や週末を意識して実需筋が様子見姿勢を強めやすいため、先物主導での乱高下には要注意。 

★ 本日の戦略 : 年初相場との違いを意識しながら!
来週の日経平均も「23,000円台後半で日柄調整をこなしながら上値追いのタイミングを計る」展開を本命視しています。よって、“流動性の高い好トレンド銘柄”に関しては丹念に売り買いをこなしていきたいところ。※ 資金配分は「 東証主力株:中小型株=1:1〜1:3 」がおススメ。

一方、昨日もお伝えしたように個別需給は不安定化を増していますので、
3割前後の余力維持 + 手仕舞い条件の徹底により週明けに向けた柔軟な体勢を整えていってください。※ 銘柄数の増やしすぎ、近似テーマ・チャートの持ちすぎ、即転狙いありきでも回して行けた「年初の上昇相場」とは異なるイメージで。

☆ テクノスマート(6246)、☆ エンバイオ(6092)など★☆Sラボ5銘柄も昨夕の戦略を踏襲。
         (会員サークルより)

【ウォッチ銘柄】
△ 2497 ユナイテッド
メルカリの6月上場計画報道による思惑買いにてPTSで急騰。

△ 3242 アーバネット

18年6月中間期純利益予想を3.8億円から6.9億円に上方修正。

『 環境に応じた距離感の調整!』


では 本日もよろしくお願いします。
         
  

1/21〜31スタートコースの新メンバーさん募集開始!
          今なら1月中の参加費は無料です!
4343aquab02-001     
※ 本日中にお手続きいただいた方には1/21からのスタート時期を前倒しして 本日中にID・パスワードをご連絡させていただきます。個別需給の不安定化は銘柄入れ替えのチャンス!