おはようございます。

週明けのNY株式市場は大幅続伸。市場環境に目立った変化がない中、月初からの暴落に対する自律反発狙いの買いが優勢に。セクター別では金融、半導体が堅調に推移。NYダウのテクニカルは10日ぶりの5日線超えにより、先週末安値23,360ドルでの底打ち期待が浮上。

NYダウ 24,601ドル +410、ナスダック 6981 +107

米10年債 2.856% +0.026、NY原油 59.29 +0.09
為替 108.62円/ドル、CME225 21,635円 

big (10)

□ 本日の展望 : リバウンド一巡後は上値重く
CME225にサヤ寄せした堅調スタート後、引けにかけては25,500円台に控える5日線を意識して売り買いが交錯する流れが本命視されます。想定レンジは21,400〜21,700円。

<< 主な決算予定 >>
1435 インベスターズC、1802 大林組、1812 鹿島、2183 リニカル、2191 テラ、2743 ピクセル、3356 テリロジー、3528 プロスペクト、3623 ビリングS、3656 KLAB、3679 じげん、4324 電通、4755 楽天、5381 MIPOX、5711 マテリアル、6266 タツモ、6619 Wスコープ、6728 アルバック、7272 ヤマハ発動機、7717 Vテク、8253 クレディセゾン、8912 エリアクエスト、9266 一家ダイニング、6463 TPR

★ 本日の戦略 : 打診買い、ストレス玉は戻り売り!
日米株価指数に関してはリバウンド基調入り期待が高まっている一方、個別株全般に関しては先週後半レンジ or 買い一巡後に急速に上値を重くする展開が予想されます。含み損を抱えたままの持ち株は目先のリバウンド局面を使って大胆な売却を計るのが正攻法。

★☆Sラボ銘柄戦略 : 「買い急ぎ」となった先週水曜前場の轍を踏まないためにも、
☆本日からのスポット2銘柄の打診買いにて全体需給のトレンド陽転を軽めにケア。その後は、「底打ち後3日程度の堅調さ、10日線超え」などテクニカル改善を待って本気買いへとシフトするイメージで臨んでください。

※ ノンポジに近しい積極派の方は直近のウォッチ銘柄も参照ください。
   (会員サークルより)

2/11〜20スタートコースの新メンバーさん募集開始!
好地合い下では多方面を向いているディーラー目線も、難局時には自然と似通ったものになります。

「一か八かの勝負をしてしまいそう・・・」な方は是非一緒に!
          
4343aquab02-001  

では 本日もよろしくお願いします。