おはようございます。

昨日のNY株式市場は大幅続落。コンセンサスなりの10−12月GDP(前期比年率+2.5%)や市場予想を下回った2月シカゴPMIなどが「FRBの利上げピッチ加速懸念」を緩和させて25,576ドル(+165)まで上昇したものの、14時ごろから引けにかけては売り一色の構図に。中国関連銘柄やエネルギーセクターの下げが顕著に。NYダウのテクニカルは10日線割れにより「リバウンド一巡 → 下値不安再燃」を警戒させる格好。

NYダウ 25,029ドル −380、ナスダック 7,273 −57

米10年債  2.867% −0.040、NY原油 61.64 −1.37
為替 106.72円/ドル、CME225 21,910 円

big (7)

□ 本日の展望 : 売り優勢
CME225にサヤ寄せした軟調スタート後、実需筋の様子見姿勢が続く中で先物次第の不安定な推移へ。想定コアレンジは21,750〜22,100円。NYダウ先物が下値を模索する場合には、来週末のメジャーSQに絡めた先物での仕掛け売りも重複した21,700円割れまでの深押しに警戒。

★ 本日の戦略 : 弱地合いとアドバンテージを生かす!
パウエルFRB議長の議会証言を起点として、NY市場は長期金利の低下と株価の下落が並行する歪な需給環境となっています。「水曜以降は順張り気味に対処」としている従来スタンスを踏まえ、本日も一定の余力残しで強引な勝負は避けながら、的と条件を絞った仕込みに徹していきたいところ。

※ 直近のリバウンド基調においても戻りが鈍かった弱テクニカル銘柄に関しては、潜在的な売りバイアスの大きさにより、日経以上に売り込まれるシーンに要注意。

☆ 新・Sラボスポット銘柄!
★ JSR(4185)など「逆襲の土台固め銘柄群」が役割を果たし、SHIFT(3697)オプトラン(6235)が躍進したアドバンテージを生かすべく、本日の地合い悪にて新たな銘柄の仕込みを開始!!

『 王道を周囲の半歩先に! 』

  
3/1〜10スタートコースの新メンバーさん募集開始!

          
4343aquab02-001
 
    
では 本日もよろしくお願いします。

           
   

※ 本日の昼の更新はお休みとさせていただきます。ご了承ください。