■ 日本市場展望 : 買い安心感 ± 海外動向
トランプ政権の輸入制限、日米中銀会合、米雇用統計などを起点とした下ブレの回避、下ヒゲ陽線で10日・20日線を上抜けた日経先物(CME225)のテクニカル良化を追い風とした底上げ基調がメイン。想定レンジは21,400〜22,100円。

リスクシナリオとしては テクニカル要因:戻り高値(3/9 21,884円)付近での上値抵抗感、米中経済指標やNY株動向におけるネガティブサプライスを逆風とした21,000円付近までの軟化も軽めに警戒。

big (6)

※ 以上を踏まえた今週の戦略は、本日15時配信の無料メルマガでご確認ください。
             
button3

週末も応援よろしくです!