本日の日経平均は反落。前日のNY市場がトランプ大統領の「中国制裁スタンスの緩和」を好感して堅調に推移した流れを汲んで寄り付き早々に22,912円(+46)まで上昇すると、節目の23,000円を意識した戻り売りが重石となり、午後は22,800円台で持ち合う流れに。

東証主力株は高安マチマチ。5202 日本板硝子、3405 クラレ、9613 NTTデータ、4902 コニカミノルタ、5801 古河電工、4183 三井化学、8729 ソニーFHが買われた一方、昨日買われた8801 三井不動産、8802 三菱地所は失速。

中小型株は 3900 クラウドワークス、3652 DMP、6027 弁護士ドットコム、3962 チェンジ、5304 SECカーボン、6651 日東工業、6390 加藤製作所、4651 サニックス、2222 寿スピリッツ、6274 新川、6815 ユニデンなどが商いを伴って急騰。2497 ユナイテッド、3356 テリロジー、4783 NCD、3807 フィスコ、6835 アライドテレシス、6071 IBJ、7618 PCデポは急落

日経平均 22,818円 −47、Topix 1,805 −0

225先物(3月限)22,820円 為替 109.90円/ドル
NYダウ先物 24,851ドル +35

■ テクニカル : 4日ぶりの反落は23,000円の節目を意識した良識的な調整だけに「10日線をサポートラインとする上昇トレンド継続」が本線。ストキャス(13日)の高水準(90%超え)でのデッドクロスに起因する値幅調整には軽めに警戒。

big (2)


【ウォッチ銘柄】
△ 3825 リミックスポイント
今期営業益・経常益・純利益予想が揃って前期比約3倍。

△ 6881 キョウデン

18年3月期経常益はコンセンサスを5%強上回って着地。今期も22%増益の好予想。NCD(4783)も良好な決算となりましたが、本日の乱高下を踏まえた割り切り対象で注目。

△ 4344 ソースネクスト
18年3月期経常益はコンセンサスを26%下回った一方、今期予想は四季報予想を25%上回るマチマチの結果。〜(略)〜ならスイング狙いに一考。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらも是非!!