おはようございます。

昨日のNY株式市場は急反落。米国による欧州などへの鉄鋼・アルミの輸入関税発動が貿易摩擦リスクを高めるとの思惑やスペイン・ラホイ首相の不信任案可決見通しなどを背景に「債券買い・株式売り」のいリスク回避ムードが進展。NYダウのテクニカルは「連日10日線に上値抵抗を示しながらの下ブレ」により軟勢を強める格好。ダウ構成銘柄は金利低下がネックとなった記入株を中心にほぼ全面安。ナスダックは アマゾン、フェイスブック、グーグルなど主力の一角が下支えとなり小幅反落。

NYダウ 24,415ドル −251、ナスダック 7,442 −20

米10年債  2.822% −0.022、NY原油 67.10 −1.11
為替 108.89円/ドル、日経先物 22,120円 −70

big (21)

□ 本日の展望 : (戻り)売り優勢
NYタイムの日経先物の軟化に追随して売り優勢で寄り付いた後、引けにかけてもトランプリスク、週末のポジション整理、直近の軟勢による(戻り)売りバイアスなどを重石に弱含む展開が本線。想定レンジは21,900〜22,300円。

★ 本日の戦略 : 続・余力と中小型株狙いで柔軟性をキープ!
ドル円・日経先物ともに底打ち感はありませんので、ストレス玉の縮小による余力確保とターゲットを絞った打診買いスタンスを継続。

昨日発表された先週の外資勢売買動向が「日経先物は買い対象、東証主力株は買い対象外」を示唆していますので、好背景中小型株狙いを中心視したフットワークの軽い売り買いにより「全体需給の潮目の変化」を待ちたいところ。※ 日経レバ(1570)は投資スタンスに沿って売り買い双方で継続注視。

【ウォッチ銘柄】
△ 6330 東洋エンジ
インドネシア石油化学最大手から約100億円で石油化学プラントを受注。

☆ 本日からの新スポット銘柄
NY反落&週末による市場マインドの停滞、先週末からの慎重策 & ファステップス(2338)の急騰のアドバンテージなどを背景に、本日もボラティリティ高めの中小型株の仕込みに着手!(現在☆★目新規買い対象は3銘柄まで厳選中。)

よかったらみんなで一緒に!!

6/1〜10スタートコースの新メンバーさん募集開始!
         
4343aquab02-001  

『 自らの心境の変化を先読みする!』

では 本日もよろしくお願いします。