前場の日経平均は続落。前日のNY株安や日米貿易協議(FFR)前のポジション整理と目される昨日後場からの「円売り・株式買いポジションの巻き戻し」を背景に22,497円(−146)まで下落すると、売り一巡後はジリジリと下げ幅を縮小。主要セクターはNY原油急落を嫌気して5020 JX、6366 千代建、1963 日揮などエネルギーセクターが売られた以外は高安マチマチ。

中小型株は 4189 KHケネオム、2681 ゲオ、3788 GMOクラウド、9479 インプレス、6920 レザーテック、6143 ソディック、5304 SECカーボンなどが商いを伴って大幅高。

□ 午後の展望 : 模様眺め
日米貿易協議(FFR)を意識した様子見色の強い展開がメイン。想定レンジは想定レンジは22,500〜22,600円台後半。米下院補選動向や上海株次第では上下にブレる場面も軽めに警戒。

■ 午後の戦略 : 脇を締めて週末へ!
日米貿易協議(FFR)の結果と反応に関しては多岐に渡り、「予想のための予想」となってしまうだけにリスク許容度に応じた余力確保と手仕舞い条件の設定を優先したら、ターゲットと条件を極端に絞った強気スタンスを継続していってください。

☆ 6027 弁護士ドットコム
8/3 ≒ 3,035円 → 8/9 3,385円 +350 11.5%上昇
3,〇〇0円まで引き付けて買い直しを計りつつ、3,300円台は売りすぎ注意を継続。


【ウォッチ銘柄】
△ 6440 JUKI
寄り前にお伝えした経緯から利確は慌てずに。2491 Vコマース、9104 商船三井もスイング狙いを継続。

 
   (会員サークルより >>Sラボ参加案内 


では 午後もよろしくお願いします。