本日の日経平均は大幅続落。前週からの利確賛成ムード、米長期金利上昇に伴うリスクポジションの巻き戻し、前日の上海総合指数の急落、ドル円の軟化など複数のマイナス要因を重石に23,442円(−340)まで直近安値を切り下げると、買戻し主導で昼頃に23,587円まで持ち直した後、引けにかけれは売り直される展開に。IMFによる約2年ぶりの世界経済見通しの下方修正、

東証主力株は概ね軟調。5706 三井金属、5801 古河電工、4063 信越化学、8035 東京エレク、6857 アドバンテスト、3436 SUMCO、6976 太陽誘電、6506 安川電機、6101 ツガミ、6481 THK、7246 プレス工業、6754 アンリツ、4751 サイバーA、3092 ZOZOなどが前日比4%超下落。

中小型株は 3826 システムインテグレータ、6796 クラリオン、5955 ヤマシナ、3727 アプリックス、2134 燦キャピタル、3390 INSET、4287 ジャストプランニング、2656 ベクターなどに局所的に短期資金が流入。

日経平均 23,469円 −314、Topix 1,761 −31
225先物(12月限)23,820円、為替 113.10円/ドル
NYダウ先物 26,507ドル −37

■ テクニカル : 一陽介在五連陰線、
高水準でのMACD陰転などが調整トレンド継続を示唆。ただし、9/19に空けた窓を埋め、9−10月の上昇幅のフィボナッチ(0.382)押しを達成した事で短期的には売り一服感が高まりやすい格好。

big (6)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 3635 コーエーテクモ
9月期経常益予想を54億円から83億円に大幅上方修正。薄商いではエスケーエレク(6677)、北興化学(4992)もケア。

△ 4714 リソー教育
19年2月期経常益予想を25億円から27億円に上方修正。「生徒=お金」を地で行く印象の強い企業だけに、資産運用対象外とみるのがおススメ。

☆ 3753 フライトHD
9/21 1,290円 → 10/2 1,425円 +135 10.4%上昇
本日は逆行高にて一時1,400円台まで上昇。1,300〜1,400円レンジで複数回の回転が効いてきました!

マザーズ同様に東証2部指数もテクニカルが悪化していますので連鎖安には注意しつつも、「その先」を念頭において明日の押しも丹念に・・・!

big (8)
■ 後記 : 高値掴みリスクと買いそびれリスクの双方を警戒して「複数銘柄の小口買い」を実践・ご検討中の方もいらっしゃるかもしれません。以下の2点からハイリスク・ローリターンとなりかねないだけに、是非とも避けてください。
・ 地合い良化時は持ち株の一部が上昇 → 小口買いのために利確できず。
・ 地合い悪化時は全面安 → 個別では損失が小さいためにホールド → ポートフォリオ全体での負の蓄積。
 
       (今晩の会員サークルより >>Sラボ参加案内 
  

では 本日もお疲れ様でした。

「フライト買ってたよ」・・・是非こちらも!