前場の日経平均は続伸。米中間選挙の結果待ちにて実需筋が様子見ムードを強める中、先物への散発的な大口買い主導で22,400円台まで上昇し、先週末の戻り高値を更新。東証主力株は概ね堅調。9107 川崎汽船、9104 商船三井などの海運株、6506 安川電機、6103 オークマなど機械株の騰勢が顕著に。

中小型株は8919 カチタス、6958 CMK、6457 グローリー、6624 田淵電機、7244 市光工業、5304 SECカーボン、4592 サンバイオ、9425 日本テレホンなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 上下に波乱含み
米中間選挙の開票経過を睨んだ「先物での思惑先行の乱高下」がメイン。22,500円トライを視野に入れた前場からの騰勢継続を本命視していますが、テクニカル(22,300〜22,500円の壁)を意識した22,000円割れまでの下押しにも要注意。

■ 午後の戦略 : 利確は気負わずゆったりと!
突発的な下押しには手仕舞い条件への事前指値を中心に機敏に対処したい一方、上昇局面では利確を慌てすぎずに反騰トレンド入りに備えていってください。※ 本日の日経平均が22,400円水準以上で引ければテクニカル面では複数の買いサインが点灯します。

★ 1570 日経レバ : 予定通り20,000円台付近では一部利確を計っていただいたら、本日の利確分に関しては19,●00円付近で買い直しへ。※ 一旦は広めの買い下がりレンジを維持。今晩のNY動向を確認した後に明日以降の強気度を調整していきます。

☆ スポット2銘柄も従来戦略を踏襲。
      (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。