本日の日経平均は反落。NY株高や先物への思惑的買い主導で昼頃に22,444円まで上昇すると、午後は米中間選挙での「上下両院で多数派が異なるねじれ化」見通しを重石とした末、引け際には先物への大口売りにより一時22,000円割れまで軟化。東証主力株は売り優勢。エネルギー素材関連や保険セクターの下げが顕著に。

中小型株は 6664 オプトエレ、4592 サンバイオ、3967 エルテス、2929 ファーマフーズ、6958 CMK、8919 カチタス、6089 ウィルG、3366 一六堂、6457 グローリー、6624 田淵電機、1885 東亜建設などに短期資金が流入。

日経平均 22,085円 −61、Topix 1,652 −6
225先物(12月限)22,120円 −80、為替 113.14円/ドル
NYダウ先物 25,639ドル −2

■ テクニカル : 6日連続の下値切り上げが反騰トレンド継続を示唆。上値は22,500円水準、下値は10日線(21,715円)水準が強めの抵抗帯に。

big (27)
【ウォッチ銘柄】
△ 4109 ステラケミファ
昨日発表の9月中間期実績の高進捗率(84%)を好感して、寄り値から一時10%上昇!

△ 1605 帝石
9月中間期経常益予想を2220億円から2469億円に1割強上方修正。期末配当予想も6円引き上げ。

△ 3436 SUMCO
第3四半期経常益は従来予想の610億円を若干上回る627億円で着地。

△ 3784 ヴィンクス
4−9月期経常益は7.22億円予想を若干上回る7.66億円で着地。

△ 3937 Ubicom
9月中間期経常益予想を1.83億円から2.93億円に上方修正。

★ 1570 日経レバ 
10/25 18,400円 → 11/2 20,100円 +1700 9.2%上昇
本日20,100円までの上昇過程で5割程度の利確を計っていただいたら、明日も19,000円台前半を軽め、〜(略)〜を厚めに買い直すスタンスで。

big (1)

■ 後記 :  米中間選挙の「ねじれ議会化」にサプライズはなく、日経平均も荒い値動きながらも反騰トレンドを維持。

選挙結果への焦燥感や選挙終了による足枷の消去をきっかけとするトランプ大統領の非良識的な言動、本日同様に外資系需給に振り回される展開に注意すべく、明日も21,700円付近までの調整を念頭に置きながら押しを丹念に拾っていきたいところ。
      (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!