前場の日経平均は急反落。前日の先物での仕掛け買いによる大幅高の反動、NY株安や英政情不安、寄り前発表の1月機械受注が冴えない結果(前月比−5.4%、市場予想ー1.7%)などを嫌気して売り先行でスタートすると、ドル円やNYダウ先物の軟勢、国内金融機関の決算対策売り(思惑)も重石に21,200円台前半まで軟化。

images


東証主力株は 6981 村田製作所、6723 ルネサス、6976 太陽誘電、6762 TDKなど半導体セクターを中心に概ね軟調。中小型株も日経急反落を警戒して覇気を欠く中、1435 TATERU、4596 窪田製薬、7671 AMIDA、4598 デルタフライ、4428 リンクなどが局所的に物色される流れ。

□ 午後の展望 : 弱気優位も底堅く
昨日の先物での仕掛け買いの反動 & 機械受注の軟化を重石とする売り優勢の展開が本線。もっとも、外部環境に目立った変化はないだけ、売り一巡後は底堅い推移が本命視されます。想定レンジは21,100円台半ば〜21,300円台後半。

■ 午後の戦略 : 続・余力残しの押し目買い!
直近の上昇過程でストレス玉の縮小を優先していただいたら、継続予定銘柄の押し目買い直しへ。※ 現在の下げ幅200円超は「マイルドな下げ」を逸脱しつつありますので、慎重派の方は悩んだら買いは様子見、手仕舞いは実践も賢明。

☆ 4563 アンジェス
地合い悪に伴う調整を期待しながら、丹念に買い直しを計りたいところ。★ 7575 ライフLもターゲットプライスまでの買い直しへ!

【ウォッチ銘柄】
△ 7612 Nuts 
勘助氏注目中。アンジェスと近似チャートからの上値追い。先週末から3日で35%上昇中。好決算のラスクル(4384)も一時前日比12%高に。

では 午後もよろしくお願いします。