本日の日経平均は大幅続伸。先週末のNY市場にてJPモルガンの好決算、中国3月貿易収支における輸出額の伸びなどを建て前に「債券売り(金利上昇に伴るドル円高)・株式買い」が進行した流れを追い風に寄りから22,000円台まで上昇。一時22,211円(+340)まで上値を切り上げると、引けにかけては 2日で約500円もの大幅高、月末からの10連休、ドル円の騰勢一服などを重石に、22,100円台後半の持ち合いに移行。東証1部の売買代金は2.39兆円、出来高も12.2億株。

警戒された「ムニューチン財務長官による日米貿易協議における日本への為替条項要求への言及」に関しては、本日中の株価への悪影響は限定的なものに

東証主力株は、1605 帝石、6366 千代健、5713 住友鉱山、★ 5706 三井金属、9107 川崎汽船など素材エネルギー関連の他、3436 SUMCO、6723 ルネサス、6976 太陽誘電など半導体、6506 安川電機、6101 ツガミ、6141 森精機、6481 THKなど機械セクターが堅調に推移。

中小型株は 3667 enish、6058 ベクトル、4588 オンコリス、4397 チームスピリット、6182 ロゼッタ、7049 識学、3697 SHIFTなどに短期資金が流入。

日経平均 22,169円 +298、Topix 1,627 +22
225先物(6月限)22,180円、ドル円 111.93円/ドル
NYダウ先物 26,414ドル +6

big (15)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 1514 住石HD
19年3月期経常益予想を11億円から21億円に上方修正。決算絡みの即転狙いではTKP(3479)、RPA(6572)も注目。北の達人(2930)、乃村工藝社(9716)も継続注視。

好決算ながら極端に出来高が乏しいCSランバー(7808)、阪神内燃機(6018)、買取王国(3181)はギャンブル対象でケア。

△ 3550 スタジオアタオ
6/1付の株式2分割を発表。

△▼ 9437 NTTドコモ
最大で従来プランから4割の値下げとなる6/1からの新料金プランを発表。将来性に限界のある企業ですので資産運用先としては対象外とするのが賢明。材料に対する株価の反応はチェック。

△ 2427 アウトソーシング、2146 UT etc
4/1からの働き方改革法案の順次実施を追い風に、人材関連の一角のテクニカル良化が顕著に。明日も押し目買いスイング狙いで継続注視!

☆ 6777 santec 
4/8 1,850円 → 4/8 1,993円 +143 7%上昇
参戦初日の一部利確後、先週末1,760円台までの調整により概ね買い直しは完了。本日1,963円までの上昇過程での再度5割程度を利確した後、明日は〜(略)〜をメドに4か所前後の指値で買い直しを計ってください。

big (20)

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

引き続き突発的な下振れには注意が必要ですが、世界的な政治や景気動向への懸念、10連休への過剰な意識により様子見スタンスを貫いてきた資金群の「持たざるリスク・買わざるリスク」が高まっています。アドバンテージを生かしながら更なる上積みへ!!

早ければ明日にも☆★新銘柄のご提案を予定しています。よかったらみんなで一緒に
      
4/11〜20スタートコースの新規メンバーさん募集中!
  
 
4343aquab02-001 

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらも是非!