前場の日経平均は市場マインドの懐疑心を重石に売り優勢で寄り付くと、前引けにかけては21,000円台の持ち合いに移行。もっとも、低調な商いが実需筋の様子見ムード継続を示唆しているため、先物での売り方の買い戻し主導の底堅さとみるのがスマート。東証主力株は特色のない高安マチマチの構図。

中小型株は4565 そーせい、6067 インパクト、4657 環境管理センター、3386 越す主バイオ、6838 多摩川HD、6629 ウィルソン、3825 リミックスポイント、8518 日本アジア投資などに短期資金が流入。全般的には「連鎖的現金化売り」が顕著に。

□ 午後の展望 : 持ち合い継続
NYダウ先物やドル円の底堅さが下支えとなる一方、市場マインドの懐疑心が重石となる「持ち合いによる日柄調整」が本線。

big (1)

■ 午後の戦略 : 続・先読みよりも「抜かりなく」!
米中関係を中心とする海外政治情勢の先読みよりも、大局強気スタンスをベースとした上下に柔軟な構えを維持。特に、「連鎖的現金化売り」によるテクニカル悪化に対しては 悩んだら買いは様子見、手仕舞いは実践にて脇を締めて臨みつつ、好トレンド銘柄のマイルドな押しを丹念に拾うイメージで。

★☆Sラボ4銘柄も★楽天、★ルネサスの押し目買い直し狙いを中心に従来戦略を踏襲。
  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

☆ 4000番台銘柄 : ポートフォリオの土台を★主力2銘柄で固めながら、こちらで短期値幅狙いを計っている経緯は先週中にお伝えしていますが・・・、先週月曜からの参戦後、本日の思惑通りの大幅高により上昇率は6日で14%、先週末ご入会の方でも最大11%の含み益に。

ここからの新規買いはおススメしにくいものの、高値圏での持ち合いに移行するようなら・・・!

※ 銘柄名は今だけこちらに!
           



では 午後もよろしくお願いします。