本日の日経平均は小幅反落。今晩のパウエルFRB議長の議会証言を前に積極的な売り買いが手控えられる中、コンセンサスを下回った6月工作機械受注、パッシブ型ETFの分配金捻出に伴う現金化売りなどへの警戒が重石となって概ね21,500円台で持ち合う展開に。東証主力株は高安マチマチ。素材や機械株が売られた一方、9983 ファストリ、9433 KDDI、4543 テルモなどが指数を下支え。

中小型株も様子見ムードを強める中、3258 ユニゾ、2792 ハニーズ、3756 豆蔵、3624 アクセルマークなどが商いを伴って大幅高。

日経平均 21,533円 −31、Topix 1,571 −3 
225先物(9月限)21,510円、ドル円 108.87円/ドル
NYダウ先物 26,767ドル −12

■ テクニカル : 節目の21,500円に下値抵抗感を示し、6月底値からのサポートラインは維持しているものの、16日ぶりとなる10日線割れ、デッドクロス間近のMACDや5日・10日線などが短期的調整トレンド入りを警戒させる格好。

big (9)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△8244 近鉄百貨店
20年2月期経常益予想を33億円から39億円に上方修正。

△ 3093 トレジャーファクトリー
8月中間期経常益予想を2.16億円から3.18億円に上方修正。薄商い好決算銘柄では川上塗料(4616)、オンリー(3376)、CSV(2687)を割り切り対象でケア。

△ 6088 シグマクシス
勘助氏注力中。本日の陽線でテクニカルは一気に良化。「7月相場は6月相場のおこぼれ」と冷めた目線で見ているようですが、ご提案中の銘柄はそれぞれが上振れ期待が高いようです。

△ 4565 そーせい 
引け際の良好さを打診買いで入ったら、10日線までの押し目買い、上昇時は半数を利確先行で臨むのが面白そうです。20日線 or 2,200円割れは手仕舞い優先。株集め気配を強めている北の達人(2930)、テリロジー(3356)も継続注視。

☆ 新興4000番台銘柄
会員サークルでは先週末からご提案。本日までの4日でまずは4%強上昇中直近は★ルネサス(6723)の安定味に比べて☆スポット銘柄の回転が効いていない状況ですが、背後環境を踏まえれば建て直しの先導役として期待!
 
■ 後記 : 今晩のパウエルFRB議長の議会証言 & FOMC議事録後の世界的な需給面の強弱感は3連休後も継続すると予想されます。すなわち、今晩のNYが高い場合は連休明けもしっかり、安い場合は連休明けも調整ムード継続が本線。よって、明日は堅調時の強気、軟調時の慎重度アップによる順張りスタンスをベースとしながら・・・・・・・。

   (一部会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

お帰り前にこちらもよろしくです!