本日の日経平均は反発。前日のNY株式市場におけるパウエルFRB議長の議会証言やFOMC議事録後の「FRBによる7月利下げ期待の高まり」を好感した堅調地合いを追い風に買い優勢で寄り付くと、107.80台でのドル円の下げ一服感も追い風に13時台には21,649円(+116)まで上昇。月曜と昨日のパッシブ型ETFの機械的な現金化売りの反動も潜在的な株価押し上げ要因に。

ダウンロード2

東証主力株は、9983 ファストリ、9984 ソフトバンク、6098 リクルートが指数高を牽引した他、セクター別では半導体、素材エネルギーが堅調に推移。保険の不適切販売に揺れるかんぽ生命(7181)は連日で上場来安値を更新。中小型株は 3093 トレファク、1419 タマホーム、3686 DLE、6190 フェニックスバイオ、4572 カルナバイオ、4764 SAMURAI、1407 ウエストHD、6658 シライ電子などに短期資金が流入。

日経平均 21,643円 +110、Topix 1,578 +7 
225先物(9月限)21,600円、ドル円 107.94円/ドル
NYダウ先物 26,924ドル +64

big (17)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
▼ 6505 安川電機
第1Q経常益はコンセンサスの108.8億円を下回る69.33億円で着地。機械セクターは直近のマクロ指標の悪化で相応の調整をこなしていますが、更なる悪影響に要注意。

△ 3967 エルテス
9ヵ月累積経常益が通期予想を超過。昨日触れたトレファク(3093)と同様の割り切り即転狙いで注目。その他の決算絡みではDD(3073)、いちご(2337)etc などもケア。

★ 6723 ルネサス 
6/12 + 6/17 ≒ 508円 → 7/11 617円 +109 21.4%上昇
SOX指数が示す米半導体セクターの需給陽転気配、東証浮動株比率の定期見直しによる潜在的な買い需要の高まりなどを念頭に置いた強気スタンスを継続中。日米株価指数のテクニカル悪化懸念(高水準でのMACD陰転による調整トレンド入り)リスクには注意が必要ですが、本日はSUMCO(3436)、アルプス(6770)など出遅れ気味の半導体株にも物色の裾野が広がっているだけに、引き続き「今回の日経高過程の東証外需系狙いはルネサス一本!」の気概で丹念に。

big (1)

★ 本日からの新Sラボ主力銘柄
5月下旬からの6月上旬にかけての日経暴落局面では、全体需給の下方オーバーシュートに触れながら 1570 日経レバに重心を置き、その離陸とともに 4755 楽天にて安定性と値幅の両立狙いにシフト → 6/5から6/25までに15%上昇。6月後半からは外需系での“逆襲+アルファ”狙いにて★ 6723 ルネサスに軸足を移し、直近2週間は唯一の★銘柄として対応 → 約1か月で20%上昇中

そして、本業面の成長性はもちろん、本日からは楽天後に欠員となっている「内需系主力株」の補完、半導体セクターの上昇一服による主力株内の循環物色への対応、〜(略)〜などの目的を踏まえて、こちらの仕込みを開始。

『 欲しいものより必要なもの!』

商いが低下しやすい7,8月の季節性、波乱含みの内外政治環境を踏まえれば、個別株単体での分析による売買はリスク過多。全体的な見通しと目標を鮮明にし、パズルの完成に足りないピースを探し、埋めていく感覚で戦略を組み立てていってください。しっかりと基盤を固めたら、
材料株での装飾へ。

7/11〜20スタートコースの新会員さん募集開始!
         
4343aquab02-001 
※ ご入金確認後、速やかにID・パスワードをお送りさせていただいておりますが、お急ぎの場合はお手続き後にお声をおかけいただけると助かります。

お帰り前にこちらもよろしくです。

「はてな、ルネサス持ってるよ。」・・・ぜひ!