本日の日経平均は続落。ドル円の109円台半ばでの騰勢を追い風に寄り付き早々に23,498円(+89)まで上昇したものの、引けにかけては週末のポジション整理売りや香港人権法案の成立に絡めた米中関係悪化リスクが重石に。東証主力株はハイテク・機械株の一部が買われた他は概ね軟調。

中小型株は 6840 AKIBA、7748 ホロン、4476 AICROSS、6096 レアジョブ、4441 トビラシステムズ、1840 土屋HD、8925 アルデプロ、1435 TATERU、6779 日本電波工業などに短期資金が流入。

日経平均 23,293円 −115、Topix 1,699 −8
225先物(12月限)23,290円、ドル円 109.47円/ドル
NYダウ先物 28,050ドル −98

big (15)

【ウォッチ銘柄】
△ 8908 毎日コムネット
11月中間期経常益予想を5.5億円から8.28億円に上方修正。

△ 2160 GNI
12月通期経常益予想を10.86億円から12.24億円に上方修正。

△ 4699 ウチダエスコ
第1Q経常益が通期予想を超過。

■ 後記 : 今週の日経平均は23,200円台半ばから23,600円の狭いレンジ内の推移に。来週も米中貿易交渉に神経質な展開となりますが、需給面では米10年債金利&ドル円の騰勢が示唆する「10月からの長期トレンド陽転」の踏襲が本命視されます。

よって、個別全般でも少なからぬチャンスを内包した地合いが予想されますが、直近の☆★Sラボ銘柄に関しては ☆ 割り切り度高め銘柄の低迷が顕著だっただけに、早急な取捨選択と補強を計りながら年末に向けての足場固めを進めていく予定です。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れさまでした。

お帰り前にこちらも是非。