前場の日経平均は大幅続伸。大型経済対策への期待から急騰したNY市場の流れを引き継いで寄り付き早々に19,000円台まで上昇すると、戻り売りがネックとなって18,446円まで押された後、前引けにかけては再度19,100円台まで買われる展開に。

東証主力株はほぼ全面高。ただし、昨日に比べると寄り付き後の伸びを欠く陰線銘柄が散発していることには要注意。中小型株も主役クラスは概ね堅調。2146 UT、9616 共立メンテ、2427 アウトソーシング、2379 ディップ、6656 インスペック、4565 そーせい、7803 ブシロード、3990 UUUM、4557 医学生物学研究所、8746 第一商品などが商いを伴って急騰。

□ 午後の展望 : 買い優勢も上値重く
前場同様の買い優勢の展開が本線。ただし、19,300円付近では20日線(19,371円)を意識した戻り売りがネックに。個別全般でも連日の騰勢が一服するシーンに要注意。

■ 午後の戦略 : 戻り売り → 押し目買い直し!
足元の騰勢が数週間スパンの上昇波動に発展することを期待しつつも、新型コロナを巡る不透明感や20日線付近の戻り売りバイアスに備えた「ポジションの一部縮小」を優先。売却後は慌てずに押し目買い直しへ。

☆ スポット6000番台 : 細かい利確を交えながらも、ターゲットプライスまでを買い下がりを本線に。利確分は売り値40〜50円下値での買い直しもおススメ。

銘柄は今だけこちらで公開中!
 ↓  ↓


★ 1570 日経レバ :リカバーまでの道のりはまだまだ遠いものの、2日で約30%高による需給陽転を生かすべく・・・!午後も日経平均の次なる上値抵抗帯(19,300円付近)までの距離感を念頭に買値を調整していってください。

     (会員サークルより >>Sラボ参加案内
  

【ウォッチ銘柄】
△ 4344 ソースネクスト
勘助氏注力中。リカバーを焦った即転狙いも大切ですが、安値で拾えているものは丁寧に育てる感覚も重要となりそうです。ラスク(3923)は7日続伸。

では 午後もよろしくお願いします。