前場の日経平均は、NY株式市場の引け味の悪さを嫌気して9時半ごろに18,730円(−219)まで下落すると、前引けにかけては19,000円付近での持ち合いに移行。東証主力株は売り優勢ながら、9983 ファストリ、2413 エムスリー、4519 中外製薬、4568 第一三共などが日経平均を下支え。

中小型株も主役クラスは総じて覇気はなく、2484 出前館、9876 コックス、3857 ラック、4493 サイバーセキュリティ、3359 cotta、6182 ロゼッタ、4488 AIINNSIDE、4425 Kudan、2375 ギグワークス、7709 クボテックなどが局所的物色対象に。

□ 午後の展望 : 持ち合い継続 ± NYダウ先物
決定打がないまま18,800〜19,200円レンジで持ち合う展開が本線。直近は東京タイムでのボラティリティが高まっているため、NYダウ先物次第の乱高下には要注意。

■ 午後の戦略 : 続・ターゲットを絞った押し目買い!
好トレンド新型コロナ関連を中心とする攻撃重視ポジション、日経レバ(1570)を中心とする建て直し優先ポジションともに押し目買いスタンスを継続。※ 複数銘柄の同時売買よりも、可能な範囲でのタイミング分散がおススメ。

☆ スポット3000番台銘柄
月曜からの参戦後、3日続伸にて上昇率は11%に!昨日までの「2日で7%高も通過点」として取り組んできた効果が表れてきましたね。ご提案当初からお伝えしているように瞬発力重視が目的ではありませんので、ここからも〜(略)〜にて懐大きく対応していってください。

銘柄名は間もなくこちらで公開!
         



☆ 4448 Chatwork : 引き続き、ターゲットプライスまでの広めエリアを丹念に買い下がっていきたいところ。

△ 1570 日経レバ : 本日中は13,●00円割れの買い増し、14,700円超えでの一部売却方針を継続。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内
 
では 午後もよろしくお願いします。