本日の日経平均は反落。国内外の経済活動の再開ムードを好感して寄り付き早々に20,783円(+139)まで上昇したものの、明日からの中国全人代における対米政策を見極めたいとの思惑や軟調なNYダウ先物などが重石となり、前日終値を挟んだ持ち合いに移行。東証主力株はエネルギー・海運が買われた以外は特色に乏しい高安マチマチの構図。

中小型株はマザーズ市場への短期資金流入が顕著となり、4563 アンジェス、4477 BASE、3911 Aiming、2370 メディネット、4478 フリー、4390 IPS、2158 FRONTEO、3923 ラクスなどが商いを伴って大幅高。

日経平均 20,552円 −42、Topix 1,491 −3
225先物(6月限)20,620円、ドル円 107.66円/ドル
NYダウ先物 24,372ドル −147

big (11)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 6629 テクノホライゾン
昨日寄り付き714円から本日867円までの上昇により、2日で21%の上昇に!基本は利確先行。

☆ 6182 ロゼッタ 
5/8 3,050円 → 5/21 3,610円 +560 18.3%上昇
昨夕の会員サークルにて「3,450円以下での追加利確は極力控える」とお伝えしましたが、本日は3,380円寄り付きから3,450円を通過して3,610円まで上昇。過度の早売りは避けられたかなと思います。

安値圏から参加いただいている方は、明日以降は投入資金を減額しながら 押し目買いの強気スタンス継続がおススメ。

big (14)

☆ 4776 サイボウズ 
5/13 2,218円 → 5/21 2,457円 +239 10%上昇
連休明け第四弾も10%高にて何とか離陸。テレワーク関連は常時1銘柄は保有しておきたいので、ここからも懐大きく対処してください。

big (15)

「ロゼッタ、サイボウズちょっと利食えたよ!」・・・こちらも是非!