前場の日経平均は反落。NY株高は前日中に織り込んでいた一方、前日の日経平均を100円強押し上げていたソフトバンク(9984)株の騰勢一服、ドル円の軟勢などを重石に売りが先行。一時23,351円(−207)まで下落した後、前引けにかけては下げ幅を縮小。中国8月小売売上高、鉱工業生産などがマーケットに与えた影響は軽微なものに。

東証主力株は素材や内需関連を中心に売り優勢。中小型株は 8518 日本アジア投資、6093 エスクローAJ、3902 MDV、5952 アマテイ、5950 パワファス、4592 サンバイオ、4880 セルソース、6049 イトクロ、6579 ログリー、3625 テックファームなどに短期資金が流入。

840x560

□ 午後の展望 : 弱含み
105円台半ばで弱含むドル円なりの売り優勢の展開が本線。

■ 午後の戦略 : 続・23,000円台前半の押し目買い!
パウエルFRB議長の会見前となる「水曜大引け時点での3割前後の余力維持」、23,000〜23,200円レンジを目先の底値圏と想定した取り組みの双方を意識しながらの押し目買いスタンスを継続。

ターゲットは、薄商い銘柄を除く「好トレンド準主役クラス中小型株狙い」を継続。本日はクラウド関連を中心に主役クラス中小型株の騰勢も顕著となっていますが、未だ打診買いまでにとどめるのがおススメ。調整色を強めている“菅政権関連”についても、物色のピークアウトを警戒しながら対処。

☆ 7172 JIA
9/10 1,170円 → 9/14 1,258円 +88 7.5%
前場1,160円台までの調整過程で一部買い直しを進めていただ空いたら、午後の押しも1,1●0円までを丁寧に買い下がりたいところ。

☆ 先週火曜からの新銘柄
官公庁向けのクラウドセキュリティ関連事業がデジタル庁創設を検討中の菅政権のスタイルにフィット。本日は近似テーマ株に利確売りも顕著となっていますが、前場の高値にて1週間で10%高を達成!5割+アルファの利確後も、押しは淡々と買い直すスタンスで臨んでください。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

☆ 昨日からの新銘柄2日で5%上昇中!

では 午後もよろしくお願いします。