■ 週間展望 : 様子見ムード、中小型株は波乱含み
NY市場同様に、大統領選を意識した需給調整による方向感の乏しい展開をベースとしながら、本格化する3・9決算企業の業績(見通し)や外部環境を加減した推移へ。想定レンジは23,200〜23,800円。

リスクシナリオとしては、ドル円の10月安値水準(104円台半ば)割れ、新型コロナ感染再拡大や大統領選に絡めた欧米政治情勢の不安定化などを嫌気した先物主導での22,000円台後半までの下振れを念頭に。

イベント絡みでは、26日の中国“5中全会”は中国共産党政府による良政アピールに終始し、23,29日の日銀金融政策決定会合や29日のECB理事会は(ほぼ)現状維持、日米主要企業の決算も全体需給 ≒ 日経(先物)への影響は軽微にとどまると予想されるため、突発的な乱高下要因(まで)としてケア。

big (13)

個別株需給に関しては、東証主力株が模様眺めが予想される日経平均なりの動意の乏し展開が継続される一方、中小型株は下振れ余地を残すマザーズ指数と市場マインドとテクニカル悪化を背景とする潜在的な投げ売りリスクの増幅に引き続き警戒したいところ。

big (14)

<< 今週の主な決算 >> ※ 決算目前銘柄はポジション縮小が賢明
10/26(月)4549 栄研化学、4563 アンジェス、7751 キャノン、6027 弁護士ドットコム、6594 日本電産

10/27(火)7741 HOYA、3064 MRO、3632 グリー、3778 さくらインターネット、4063 信越化学、4185 JSR、6702 富士通、6955 FDK、7518 ネットワン、7177 GMOFH、4479 マクアケ

10/28(水)8473 SBI、4348 インフォコム、3658 イーブック、4726 SBテクノロジー、4751 サイバーA、6301 コマツ、6501 日立、6758 ソニー、8604 野村HD、2440 ぐるなび、3938 LINE、7735 スクリーン、4062 イビデン

10/29(木)6902 デンソー、7012 川崎重工、6503 三菱電機、6963 ローム、3092 ZOZO、4293 セプテーニ、6701 NEC、6723 ルネサス、6754 アンリツ、6857 アドバンテスト、6954 ファナック、9437 NTTドコモ、3034 クオール、8035 東京エレク、

10/30(金)2768 双日、4568 第一三共、4507 塩野義、5938 LIXIL、7011 三菱重工、8031 三井物産、4005 住友化学、2127 M&Aセンター、2413 エムスリー、2782 セリア、3911 Aiming、3998 すららネット、4347 ブロードメディア、4385 メルカリ、4689 ZHD、5332 TOTO、6302 住友重機、6727 ワコム、6875 メガチップス、6981 村田製作所、7172 JIA、8242 H2O、9201 日本航空、6777 Santec、9753 IXナレッジ、4644 イマジニア、4816 東映アニメ、5333 日本碍子、3666 テクノスJ、3667 enish、6268 ナブテスコ、6629 テクノホライゾン、6920 レザーテック、7022 サノヤス

    (会員サークルより >>Sラボ参加案内

『 心は熱く、頭は冷静に! 』

週末も応援よろしくです!☆
 
      


来週の戦略(抄)は10/25(日)15時配信の無料メルマガで!
        
mglogo_c3