本日の日経平均は続伸。新型コロナワクチンの実用化やバイデン政権への期待感、先物での仕掛け買いと売り方の買い戻しラッシュにより節目の30,000ドルを突破したNY株を好感して買いが先行。9時台に26,706円(+540)まで上昇した後は、引けにかけて利益確定売りに押されて上げ幅を縮小。テクニカルは上ヒゲ陰線により目先の騰勢一服を示唆。

東証主力株は買い優勢。中小型株は、5986 モリテックスチール、6937 古河電池、5952 アマテイ、7317 松屋アールアンド、2191 テラなどに短期資金が流入。本日の3週連続の「週明け2日目のマザーズ指数の急落」が3度目の正直により本格調整トレンドに発展するケースには要注意。

日経平均 26,296円 +131、Topix 1,767 +5
225先物(12月限)26,380円、為替 104.47円/ドル
NYダウ先物 30,026ドル +28

big (3)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 3001 片倉工業
20年12月期経常益予想を32.5億円から38億円に上方修正。売り買い双方でケア。

△ 3681 ブイキューブ、4308 Jストリーム
全体戦略で触れた「マザーズ指数の下振れに伴う中小型株の連鎖的投げ売り」が回避されるようなら、買い増しからの考察がおススメ。※ 立ち位置が近い ☆ ラクス(3923)などとの重複保有はほどほどに。

☆ 3923 ラクス
11/16 + 11/17 ≒ 2,315円 → 11/20 2,410円 +95 4.1%上昇 
クラウド・デジタル化関連の中核銘柄としての強気スタンスを継続。マザース指数が懸念していた3週連続での「週明け2日目の大幅安」により不安定さを増していますので、明日も押しは2,●●0円までの広めレンジを買い下がる方針で。

big (5)

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらも是非!☆