前場の日経平均は続伸。国内での緊急事態宣言の対象地域拡大見通しを重石に売り優勢で寄り付くと、バイデン政権による追加経済対策への期待が追い風となり、前引けにかけては23,300円台で堅調に推移。東証主力株は半導体、素材エネルギーの一角が買われた他は高安マチマチ。

中小型株は 6331 三菱化工機、6855 日本電子材料、6255 エヌピーシー、3922 PRTIMES、6289 技研製作所、725 インターアクション、4406 新日本理化、6369 トーヨーカネツ、5922 那須電機、6391 加地テック、1757 クレア、4017 クリーマ、7623 サンオータス、4237 フジプレアム、4080 田中化研などに短期資金が流入

□ 午後の展望 : 買い優勢も動意乏しく
28,200〜28,400円付近でのしっかりとした推移が本線。前場の日経高裏でのNYダウ先物は伸びを欠いているだけに、良識的な調整による28,100円付近までの下押しも念頭に。

■ 午後の戦略 : 持ち合い中の整理整頓!
持ち株のテクニカルとご自身のリスク許容度に応じたポジションの過不足調整 ≒ ストレス玉や弱テクニカルの縮小と好テクニカル銘柄の押し目買い(売りすぎ注意)スタンスを継続。

★ 6723 ルネサス
1/6 1,088円 → 1/13 1,289円 +201 18.4%上昇
日経平均連動タイプや好トレンド東証主力株の分散投資の効果は低いだけに、それらの“最大公約数”としての押し目買い・上昇時の売りすぎ注意スタンスを邁進!

★ 3902 MDV、☆ 昨日からの新銘柄も従来戦略を踏襲。

【ウォッチ銘柄】
△ 6666 リバーエレテック
寄り前にお伝えした経緯から、☆スポット提案に準じた強気イメージを継続。

△ 4053 SUNASTERISK
昨日の打診買い → 一段高で買い増された方は、〜(略)〜では一部利確が賢明。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

△ 6255 エヌ・ピー・シー、6366 千代建
先週から断続的に触れていますが、当タイプの銘柄は安値玉を一部残しながらの回転売買がおススメ。完全利確に際しては含み損銘柄との相殺の他、乗り換え候補の確定 → 該当銘柄の調整局面(≒買い場)を待ってからの売却が得策。

※ 個別全般が横並びで上下しやすい地合いのため、「持ち株が上がったところで売る」を優先し過ぎると、乗り換え先の高値掴みリスクが高まります。
「余力があるとすぐに何か買いたくなる・・・」方は是非参考にして下さい。

では 午後もよろしくお願いします。
         
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村