前場の日経平均は急反発。先週火曜30,700円台から週末29,800円台までの下落による短期調整一服感、週初需給の買い傾斜などを背景に堅調に寄り付くと、10時過ぎには30,458円(+440)まで上昇。明日のパウエルFRB議長の議会証言における「現在の株式市場の潜在的なリスク要因である長期金利の上昇に対して、何らかの抑制発言がある」との見方も追い風。東証主力株は素材エネルギー、半導体、金融セクターを中心に概ね堅調。

中小型株は 2315 CAICA、4582 シンバイオ製薬、6890 フェローテック、3807 フィスコ、3923 ラクス、4170 KAIZEN、7078 INCLUSIVE、7068 フィードフォース、6195 ホープ、3825 リミックスポイント、7992 セーラー万年筆、9318 アジア開発、5690 リバーHD、8732 マネーパートナーズ、8698 マネックス、6533 オーケストラ、6266 タツモなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 買い優勢 ± 先物需給
NYダウ先物に乖離した前場の騰勢、明日の休場などを意識した30,200〜30,500円レンジでの上値の重い展開が本線。個別全般では「弱テクニカル銘柄のリバウンド一巡後の売り直し」に注意したいところ。

■ 午後の戦略 : 体勢の立て直し → 押し目買い!
個別需給の不安定化リスクに備えた「ストレス玉の戻り売り」による体勢の建て直しを優先しつつ、流動性高めの好テクニカル銘柄からターゲットと条件を極端に絞った押し目買い狙いへ。

☆ 先週木曜からの新銘柄
「個別需給の不安定化リスク」に警戒すべく、数週間でのダイナミックな上昇トレンド狙いから一転距離を置き、先週水曜からは短期回転狙いに重点をシフト。2,060円での参戦後、本日2,340円台までの上昇により、まずは『3日で15%高』を達成!

水曜以降の★☆Sラボ銘柄のポジショニングは、明日のパウエルFRB議長の議会証言を確認しながら調整していく予定ですが、この流れを生かして例年通りの3,4月高に追随していきたいと思います。

銘柄名は今だけこちらで!☆
    
 

【ウォッチ銘柄】
△ 4293 セプテーニ、4689 ZHD、3990 UUUM
それぞれ先高ポテンシャルは高いと判断していますが、本日の上昇については「お持ちの方にとっての戻り売り好機」と捉えるのがおススメ。

では 午後もよろしくお願いします。
   
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村   


■ ご連絡 : 本日引け後の「本日の市況概況」はお休みさせていただきます。「2/24の展望と戦略」は当日の寄り前コメントを参照ください。