前場の日経平均は暴落。米10年債利回りの1.5%をトリガーとしたNY株の急落に追随して寄りから29,700円台まで売られると、先物主導で29,219円(−949)まで下落。11:00現在も29,400円台前半で弱含む展開に。東証主力株は全面安。

中小型株も主役クラスは全面安。6182 ロゼッタ、2315 CAICA、2375 ギグワークス、3662 エイチーム、6875 メガチップスなどに局所的に短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 売り優勢、二段安にも要注意!
売り方の買い戻しが下支えとなる底堅い推移が本線。ただし、売り一巡後も戻りの甘さを踏まえれば(お伝えしている)仕掛け売りによる二段安 → 29,000円付近までの下落に警戒。

■ 午後の戦略 : 底打ち確認を優先!
現在の下げ主要因はファンダメンタルズ(米長期金利の上昇)ではなく、2月上旬から顕著となったオーバーシュート気味な需給主導の上昇の反動となりますので、値ごろ感(やすそうに見える)を基準にした弱テクニカル銘柄のホールドはハイリスク。

買い増し意欲の湧かないストレス玉は現値水準でも一部売却により、乗り換え先でのリカバーを計るのがおススメ。昨日までにポジション整理にメドが立っている方は、ターゲットと条件を絞った打診買いへ!

★☆ Sラボ主力銘柄は2銘柄ともに逆行高。★ 主力銘柄は現値水準も利確よりも押し目買い増しに注力。☆ 本日からのスポット銘柄も寄りからの5%高も「買い増しのタイミング」を・・・!

    (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。
   
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村