前場の日経平均は暴落。ハイテク株を中心としたNY株安を受けて寄りから29,200円を割り込むと、NYダウ先物や中国株には異変がないまま 国内需給の悪化により28,986円(−573)まで下落。東証主力株は概ね軟調。9984 ソフトバンク、9983 ファストリ、6954 ファナックが日経寄与度1,2,4位に位置する構図も「先物での短期筋の仕掛け売り」を示唆。

中小型株は 7004 日立造船、6632 ケンウッド、6412 平和、4425 Kudan、4885 室町ケミカルなどに短期資金が流入。主役クラスは連鎖的に売りが拡散。

□ 午後の戦略 : 二段安に要警戒
30,000円ワンタッチにより利確賛成ムードに転じた先物需給は、2月末以来の「29,000円の攻防」へ。上記のように先物での短期筋の売り仕掛けが下落の主要因のため節目を意識した買い戻し → 底堅い推移が本線。ただし、低調な商いが示す実需筋の様子見、テクニカル悪化による市場マインドの悪化を踏まえれば、今週の下値メドとしている28,800円水準までの二段安にも要警戒。

■ 午後の戦略 : 続・更なる下押し対策 → 打診買い!
弱テクニカルの売却、手仕舞い条件の徹底、一定の余力維持などの守備的布陣により、全体需給の底打ちを確認を優先。既に体勢の建て直しにメドが立っている方、持ち株の多くが好ムードを維持されている方は、本日の下押しを利用した打診買いへ。

☆ 4170 KAIZEN : 更なる中小型株需給の悪化には手仕舞い条件の徹底で備えつつ、予定通り1,700円付近は買い直し好機として対応。

★ 4980 デクセリアルズ
:久しぶりの押し目形成。買い下がりメドまで距離を残していますが、慌てずにコツコツと。新規買いは直近ご提案の☆★3銘柄に回ってください。

  (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】
△ 1570 日経レバ
一段安を睨みつつ、このような場面で買い増しへ。

△ 6844 新電元工業
勘助氏注力中。先月の勘流銘柄の地盤を作ったラクーン(3031)と似たようなムードを漂わせていますね。

では 午後もよろしくお願いします。
   
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村