おはようございます。

昨日のNY株式市場は小幅に反発。手掛かり材料難の中、33,400ドルを挟んだ持ち合いに終始。午後に公開された3月FOMC議事録では、足元のインフレ基調を「一時的」なものとの判断が示され、マーケットのリスク要因として意識されてきた「早期の緩和縮小思惑」が緩和 → 株価の下支えに。ナスダックも動意は乏しく、テクニカルは「上昇トレンド内の持ち合いによる日柄調整」優位の形状に。

NYダウ 33,446ドル +16、ナスダック 13,688p −9
米10年債利回り 1.679% +0.023、為替  109.82円/ドル
NY原油 59.77 +0.44、日経先物 29,660円 −50

big (24)

□ 本日の展望 : 模様眺め
決め手不足の中、NY同様の様子見色の強い展開が本線。想定レンジは29,500円台半ばから29,900円付近。先週末以降、東証1部の出来高が12億株以下の薄商いが続いていますので、日米先物主導の乱高下にも軽めに警戒。

★ 本日の戦略 : ストレス玉の縮小 → 4月高への布石!
NY株の上昇志向に反する日経の調整トレンド継続リスクや日経安に際しての個別株の連鎖的投げ売りリスクなどに警戒すべく、「ストレス玉の縮小」を優先。

好テクニカル銘柄に関しては、買い条件内を「4月高に向けた布石」イメージを持って丹念に仕込みを入れつつ、上昇時は売りすぎに注意する方針を継続。


☆★Sラボ銘柄も昨夕の戦略を踏襲。☆ マネックス(8698)は短期的には仕上げ重視で対応しながら、★ 6000番台主力銘柄、☆ 3000番台スポット銘柄の押し目買い増しに注力しつつ、☆ 本日からの新銘柄にてポジションの土台固めと更なる飛躍を計るスタンスで臨んでください。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】
△ 3179 シュッピン
3月度の月次売上高は前年同月比49%増の40.78億円で着地。

△ 3181 買取王国
21年2月期経常益予想を1.23億円から1.45億円に上方修正。

△ 6871 日本マイクロニクス、6890 フェローテック
押し目買いスイング狙いで継続注視。

『 不透明感に対して居心地の良い距離感を維持!』

では 本日もよろしくお願いします。