前場の日経平均は反発。朝方は弱含んだNY株なりに売り優勢で推移したものの、ワクチン接種の進展効果を“建て前”とした買いが徐々に優位となり、前引けにかけては29,000円を挟んだ持ち合いに移行。東証主力株は 7516 コーナン、4507 塩野義、6920 レーザーテック、3064 MRO、9101 日本郵船などが前日比3%超上昇。

中小型株は 3565 アセンテック、6095 メドピア、4651 サニックス、3681 ブイキューブ、3856 Abalance、2778 パレモ、8139 ナガホリ、6255 エヌピーシーなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 強含み
前場同様の買い優勢も上値の重い展開が本線。明日のメジャーSQに絡めた先物主導のブレにも(今週火曜・水曜ほどではないものの)要注意。

■ 午後の戦略 : 続・腰を据えた布石!
今晩の米5月消費者物価が先月同様の下ブレ要因と化すケース、28,600円付近までの買い下がりの双方を念頭に3割程度の余力確保を優先。その上で、テーマ分散、好テクニカル優遇などを意識した押し目買いによる“FOMC後への布石”を継続していきたいところ。

〜(略)〜

★ 5857 アサヒHDの2,300円台、☆ 6867 メイコーの2,900円台は肩の力を抜いて対応。

  (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。

    
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村