おはようございます。

昨日のNY株式市場は急反発。朝方発表された6月住宅着工はコンセンサスを下回ったものの、前日の暴落の反動に加えて、長期金利や原油市況の騰勢、IBMの好決算などを追い風に買い先行で寄り付くと、昼過ぎには34,621ドル(+659)まで上昇。引けにかけても概ね34,500ドル台でしっかりと推移。個別では ボーイング、ハネウェル、レイセオン、アップルなどが指数高を牽引。ナスダックも主要銘柄が概ね堅調に推移し、6日ぶりに反発。

NYダウ 34,511ドル +549
、ナスダック 14,498 +223
米10年債利回り 1.206% +0.026、為替 109.45円/ドル
NY原油 67.32 +0.90日経先物 27,740円 +330

big (40)

□ 本日の展望 : リバウンド優勢 ± 先物需給
NY株の急騰を好感した堅調スタート後、引けにかけては連休前の売り方の買い戻しと戻り売りが交錯する持ち合い商状化が本命視されます。想定レンジは27,450〜27,800円。

★ 本日の戦略 : リバウンド基調 & 決算シーズンを念頭に!
月末に向けての日経平均は、昨日安値(27,330円)を底値とするリバウンド基調入りの可能性が高まっているため、全体戦略としては昨日の突っ込み買いの後、本日は売りすぎ注意で取り組みたいところ。※ 反発初日のため「底打ちを前提とした強引な勝負(ホールド)」はNG。

ただし、日経平均との連動性を高めている米10年債利回りは「下落トレンド内のアヤ戻し」にとどまっている事に加えて、連休明けからは好決算銘柄への歪な物色動向(多くの銘柄は安値圏で放置)リスクを内包しているだけに、ストレス玉に関しては本日の日経高局面で淡々とポジション縮小を計ってください。

★ 7013 IHI:昨日2,450円割れでの小口買い増し後、2,5●0円超えまでの急反発に際しては軽め売却 → 連休明けの買い直しへ。

☆ 1447 ITBook:400円台後半は腰を据えて臨みつつ、5●0円台があれば軽め売却 → 連休明けの買い直しへ。

☆ 2000番台スポット銘柄:現値水準は強気、積極派の方は960円台後半から980円付近も小口買い増しへ!

【ウォッチ銘柄】
△ 7965 象印マホービン、4091 日本酸素 etc
夏本番に向けて猛暑関連銘柄をスイング狙いでケア。

△ 1570 日経レバ 
昨日14,200円付近から参戦中の方は14,500円付近も小口買い増しへ。※ 利確は連休明けまで見送り。

『 難局で経験値を高める!』

       (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

では 本日もよろしくお願いします。

★ 2000番台は間もなくこちらで公開!