おはようございます。

昨日のNY株式市場は続伸にて連日で過去最高値を更新。朝方は利益確定売りや中国共産党によるネット企業への規制強化懸念を重石に34,950ドルまで売られたものの、今週ピークを迎えるIT企業を中心とした決算への期待感が下支えとなり、引けにかけてはジリジリと下値を切り上げる展開に。個別ではシェブロン、インテル、ダウが指数高を牽引。ナスダックも小幅ながら5日続伸。アルファベット、アマゾン、インテル、テスラが買われて最高値を更新。

NYダウ 35,144ドル +82、ナスダック 14,840 +3
米10年債利回り 1.293% +0.008、為替 110.37円/ドル
NY原油 72.15 +0.08、日経先物 27,950円 +120

big (14)

□ 本日の展望 : 28,000円の攻防
NY株高を好感した堅調スタート後は、今晩の米主要企業の決算(アップル、マイクロソフト、アルファベット、AMD)や明日からの国内企業の決算シーズン入り、テクニカル要因(節目かつ10日線が控える28,000円水準)などを意識した方向感の乏しい展開が本線。

主な決算 : 7/27(火)引け後:4063 信越化学、4479 マクアケ

★ 本日の戦略 : 続・小口逆張りでバランス重視!
日経平均(≒指数相関性の高いポジション)は
8月前半にかけて本格リバウンド相場も期待される反面、個別全般に関しては決算シーズン入りの弊害、市場マインドの懐疑心などがネックとなる覇気のない推移が予想されます。よって、本日も逆張り(押し目買い・吹き値売り)主体のバランス型戦略での対応が正攻法となりそうです。

前場の日経高局面ではストレス玉や弱テクニカル銘柄のポジション縮小を優先しつつ、日経調整局面では★ IHI(7013)を中心とする数連動ポジションの押し目買い狙い → ☆スポット銘柄を中心とする材料系に派生する構えで。

☆ 2471 エスプール
7/2に発表した5月中間期経常益は、コールセンター業務のシェア拡大、障がい者雇用支援サービスの増益などを背景に前年同期比21%増の安定成長を示唆。目先の押しも900円台半ばまでを強気、積極派の方は小動意も買い増し狙いで。

★ 7013 IHI
「テクニカルの損傷の少ない東証主力株」の立ち位置も踏まえ、現値水準は腰を据えて対応。目先の地合いなりの調整局面に際しては小口買い増し。

☆ 本日からの新スポット銘柄
昨年後半からお伝えしてきたメガトレンドの育成に着手。決算前のワン回転狙いが主目的となりますが、セーフティリードで決算を迎えるなら目標株価の上方修正により厚く・熱く!

〜(略)〜

【ウォッチ銘柄】
△ 
6768 タムラ製作所、21●●
決算に絡めたワンチャンス狙いで注目。※ 決算は前者が8/5、後者が8/3

   (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

『 環境によって評価基準は変わる! 』

では 本日もよろしくお願いします。