前場の日経平均は反発。FOMC後も上昇トレンドを維持したNY株式市場の流れを汲んで堅調に寄り付くと、10時過ぎに27,794円(+212)まで上昇した後、前引けにかけては27,700円付近の持ち合いに移行。

東証主力株は高安マチマチ。6857 アドバンテスト、9984 ソフトバンク、8035 東京エレク、9983 ファストリ、6954 ファナックが指数高を牽引。中小型株は 6335 東京機械、3377 バイク王、6955 FDK、7379 サーキュレーション、9478 SEH&Iなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 買い優勢も上値重く
米主要異形の決算とFOMCを無難に通過したNY動向が下支えとなる一方、国内コロナ感染の拡大、外資勢の日本株パッシング、市場マインドの閉塞感が上値の重石に。想定レンジは27,500円台後半〜27,700円台後半。

■ 午後の戦略 : 続・小口逆張りでバランス重視!
海外イベントリスクは軽減された反面、国内コロナ感染リスクと決算シーズン中の歪な物色傾向に対する備えは怠れない状況です。よって、一定の余力維持、手仕舞い条件の徹底にて不測の事態に備えつつ、継続予定銘柄は押し目買い・上昇時の一部売却による逆張りスタンスで臨んでください。

★ 7013 IHI、☆ 2471 エスプール、☆ 1447 ITBookともに、目線は下げずに細かく回転。

☆ 火曜からの新スポット銘柄 : 3日で4%高は誤差の範疇。引き続き、押し目買い増しに注力!

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。

    
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村