おはようございます。

前日のドラッグストアのウォルグリーンズ、寄り前の医療保険のユナイテッドヘルス、モルガンスタンレー、バンク・オブ・アメリカなどの好決算、週間新規失業保険申請者件数の改善などを追い風に寄り付き直後に34,500ドルを突破すると、9月卸売物価指数(PPI)の市場予想を下回る伸びが長期金利の低下を促し、ハイテク株高を通じて指数高に寄与。11時以降は概ね34,800ドル台で堅調に推移。

ナスダックは急騰。上記背景(主要企業の好決算+長期金利低下)に加え、台湾半導体大手TSMCの好決算を受けたエヌビディア、AMAT、AMD、TI、マイクロンテクノロジーなど半導体関連への資金流入が指数高を牽引。

NYダウ 34,912ドル +534、ナスダック 14,824 +251
米10年債利回り 1.516% −0.033、為替 113.66円/ドル
NY原油 81.31 +0.87、日経先物 28,810円 +240

big (8)

□ 本日の展望 : 買い優勢 ± 週末需給

前日のテクニカル良化、NY株高を好感した続伸スタート後、引けにかけては週末リスクを意識した戻り売りと押し目買いが交錯する直近高値圏での持ち合いが本命視されます。想定レンジは28650〜28,950円。

<< 主な決算予定 >>
10/15(金)1407 ウエスト、3915 テラスカイ、3994 マネーフォワード、6199 セラク、2168 パソナ、3647 ジースリー、3823 アクロディア、4176 ココナラ、7373 アイドマ

★ 本日の戦略 : 持ち合い後の上振れは強気度アップ!

先週水曜27,200円台までの下振れに対する配慮不足のためにしばらくは体勢の建て直しが主目的となりますが、10月序盤の底打ち → 28,000円台前半の持ち合い後の騰勢復活...は見通し通りの展開。よって、本日の上昇局面においては予定通り「持ち合い後の上下のブレには順張り!」スタンスを継続していきたいところ。

具体的には、売却予定銘柄の大胆なポジション縮小による乗り換え先でのリカバー狙い、継続予定銘柄の「売りすぎない勇気」による更なる地合い良化への備えを固めていきたいところ。※ 本日中の新規銘柄への派生は計画的な積極策ではなく株価なりの衝動買いに近いため、悩んだら「何を外すか、何を買い増すか」からご検討ください。

★ 昨日からの新主力銘柄、☆ ダブルスコープ(6619)、☆ MSOL(7033)〇 すららネット(3998)、〇 デクセリアルズ(4980)、〇 日経レバ(1570)も昨夕の戦略を踏襲。

【ウォッチ銘柄】

△ 3387 クリエイトレストランツ
昨夕触れたオキサイドなどと同様に、材料絡みの即転狙いでケア。スパンクリート(5277)、247(7074)、JNS(3627)も同様。

    (会員サークルより >>Sラボ参加案内

『 チャンスは追いかけすぎず、その通り道で待つ!』

では 本日もよろしくお願いします! 
   
  
 

勢いを止めず、流れるように‘逆襲+アルファ狙い’へ!
    
4343aquab02-001