本日の日経平均は大幅続伸。前日のNY市場における主要企業の好決算、長期金利低下、ハイテク株高を好感して堅調に寄り付くと、買い一巡後の高値持ち合いを背景に、引けにかけては売り方の買い戻しが進展。一日の高値圏で取引を終了。

東証主力株はほぼ全面高。8035 東京エレク、6954 ファナック、6367 ダイキン、4062 信越化学などが指数高を牽引。
中小型株は 6254 野村マイクロ、6315 TOWA、2395 新日本科学、7238 曙ブレーキ、1407 ウエストHD、3697 SHIFT、6966 三井ハイテック、6890 フェローテック、3264 アスコット、6521 オキサイド、7373 アイドマ、6668 ADプラズマ、6627 テラプローブ、3922 PRTIME、3415 T−BASE、5381 Mipoxなどが商いを伴って大幅高。

日経平均 29,068円 +517、Topix 2,023 +36
225先物(12月限)29,120円、為替 114.94円/ドル
NYダウ先物 34,914ドル +130

big (1)

■ 後記 : 今週の日経平均は米債務上限リスクの緩和を好感した先週末からのリバウンド基調を継続し、28,000円付近からから29,000円付近まで約1,000円上昇。昼にお伝えしたように日経平均はリバウンド相場の第三の壁(フィボナッチ戻し水準)をクリアしているため、来週は押し目買い優位の展開が期待できそうです。

一方、個別に関しては直近の日経高の恩恵がまちまちだったように、目先の“物色の二極化加速”は不可避とみています。よって、週末を利用した売却予定銘柄と継続予定銘柄の再検討、売買戦略を練り直しにより来週も堂々とマーケットに対峙していってください。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 今週もお疲れさまでした。

お帰り前にこちらも是非!☆
     


来週のNY展望は明日の午前中の更新。
来週の売買戦略は日曜15時の無料メルマガで!
       
mglogo_c3