本日の日経平均は急落。パウエル氏のFRB議長再任見込み後の「米長期金利の上昇・ハイテク株売り」を嫌気して軟調に寄り付くと、ザラ場中の外部環境に目立った変化が見当たらない中、先物での仕掛け売り主導で14時台には29,212円(−561)まで下落。東証主力株は売り優勢ながら、「本日の下落は先物での仕掛け売りが主要因」を印象づけるように、日経225銘柄中63銘柄が、東証1部全体の22%が前日比プラス引け。

中小型株は 6440 JUKI、7187 ジェイリース、6803 ティアック、2193 クックパッド、9250 GRCS、4591 リボミック、6522 アスタリスク、3691 リアルワールド、2479 ジェイテックなどに短期資金が流入。
 
日経平均 29,302円 −471、Topix 2,019 −23
225先物(12月限)29,370円、為替 114.97円/ドル
NYダウ先物 35,755ドル −11

big (16)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 4722 フューチャー
12月末を基準日とする株式2分割を発表。割り切り対象で軽めにケア。引け後の材料に絡めてはピクセル(2743)も即転狙いで注目。

☆ 6058 ベクトル
11/1 1,295円 → 11/5 1,445円 +155 11.5%上昇
本日は続落にてスタート地点まで下落。明日も更なるテクニカルには手仕舞い条件の徹底で備えつつも、お伝えしてきた好背景による上値余地、しこり感(戻り売りバイアス)の乏しさを踏まえれば、横並びの下落は腰を据えて臨みたいところ。明日も現値近辺は強気、積極派の方は1,3●0円付近も小口追撃を計る意気込みで臨んでください。

      (会員サークルより >>Sラボ参加案内

■ 後記 : 本日29,200円台までの下振れは想定外の面も強いだけに、更なる全体需給の悪化や持ち株の下押しには手仕舞い条件の設定と徹底で対応。
その上で、例年通りの米ブラックフライデー(11/26)を起点とする市場ムード良化 → アノマリー通りの年末ラリー開始...への布石を丹念に。好トレンド銘柄を主体とするポジショニングにて、買いレンジ内の押し目買い、動意を増したところで買い増す順張りスタンスを継続。※ 「ストレス玉の乗り換え好機」との判断に変わりはないため、乗り換え候補の事情を優先しながら弱テクニカル銘柄を外す構えもそのまま。

では 本日もお疲れさまでした。

お帰り前にこちらも是非!☆