前場の日経平均は続落。自律反発にて急騰したNY株を追い風に27,841円(+87)で寄り付くと、買い一巡後はNYダウ先物とともに軟勢を強め、27,500円台後半まで下落。東証主力株は買い優勢。8035 東京エレク、6954 ファナック、6857 アドバンテストなど半導体・設備投資関連は軟調に推移。

中小型株は 4412 サイエンスアーツ、7078 Inclusive、4586 メドレックス、4051 GMO FG、3926 オープンドアなどに短期資金が流入。全般的には朝高後に売られる銘柄が顕著に。

□ 午後の展望 : 売り優勢 ± 先物需給
27,500〜27,800円レンジの弱気優位の展開が本線。昨日のNY急反発に対する感応度の低さを踏まえれば、先物での仕掛け売りによる27,500円割れにも要注意。

■ 午後の戦略 : 余力拡充にて週明けリスタート!
「昨日のNY急騰を持ってしても底打ち判断は時期尚早」を念頭に置いた慎重策を優先しながら、ターゲットと条件を極端に絞った“逆襲+アルファ狙いの布石”を継続。

★ 1570 日経レバ:14,500円以下での追撃スタンス後、本日中は13,●00円割れがあればラスト3分の1を買い増し、それ以外は現状維持...の基本スタンスを継続。※ ストレス玉を多くお持ちの方は、タイミングを分散しながら軒並みこちらに乗り換えるのも得策。

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】
△ 9115 明治海運、9127 玉井商船 etc
海運セクターはマネーゲーム化が進展中。テクニカル良化も顕著なため、利確の前に押し目買い増しの検討がおススメ。

▼ 3936 グローバルウェイ
連日のストップ安気配。売買対象としては除外すべきですが、底打ち反転に向かうタイミングではマザーズ全体へのプラス効果が期待されるため、観賞用で注目。

では 午後もよろしくお願いします。
   
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村