前場の日経平均は大幅反発。前日のNY市場における「債券売り(金利上昇)株式買い」のポジティブトレード進展を好感して寄りから29,000円台を回復すると、先物での年初需給の買い傾斜も追い風に10時以降は29,200円近辺で堅調に推移。東証主力株は概ね堅調。8035 東京エレク、6857 アドバンテスト、4062 信越化学など半導体セクターが指数高に寄与。

中小型株は 6855 日本電子材料、3031 ラクーン、6292 カワタ、5805 昭和電線、3825 リミックスポイント、7254 ユニバンス、4888 ステラファーマ、6618 大泉製作所、7826 フルヤ金属などに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 買い優勢

米中市場に異変はないため、29,000〜29,300円レンジでのしっかりとした推移が本線。IPO関連への売りが顕著なマザーズ市場は連鎖安に要注意。

■ 午後の戦略 : 日経高 < 個々のテクニカル!


「年初需給の買い傾斜」継続に備えるべく、★ 日経レバ(1570)や好トレンド銘柄は売りすぎない注意で対応。弱テクニカル銘柄に関しては(堅調地合いに惑わされずに)脇を締めたスタンスで臨んでください。

★ 本日からの新主力銘柄:ターゲットプライスまで引き付けた買い増し狙いを本線に、現値1%高水準も小口追撃へ!

その他☆★銘柄は従来戦略を踏襲。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】
△ 3976 シャノン

勘助氏注力中。連鎖的に売られているマザーズ銘柄にあっては稀有な騰勢。

△ 6855 日本電子材料、6668 ADプラズマ
12月の☆Sラボ半導体シリーズ。本日はともに昨年来高値を更新!

では 午後もよろしくお願いします。
  
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村