■ 日本株展望 : 売り方主導の不透明感

NY株に関しては売り材料視されている米長期金利の頭打ち感に伴う底堅い推移を本命視していますが、外資勢にとってのおまけポジションである日本株にとっては不透明感の強い流れが本線。想定コアレンジは28,000〜28,800円

外部環境の更なる悪化の他、国内新型コロナ感染の再拡大リスクを煽った仕掛け売りに際しては(以下のテクニカル要因も加味し)27,000円台半ばまで下振れるシーンに警戒。

テクニカル面では以下の2パターンをケア。※ 売買戦略上はまずは(1)対応から逆算するのがベター。

(1)9月以降の高値を結んだレジスタンスラインと27,000円台半ばのサポートラインを底辺とする三角持ち合い継続 → 27,000円台半ばまでの下押し

(2)12月以降の上昇トレンド継続 → 28,000円台半ばでの底打ち反転、29,500円トライ。

big (9)

以上を踏まえた今週の戦略は15時配信の無料メルマガで!
       
mglogo_c3

連休中も応援よろしくです!☆