おはようございます。

昨日のNY株式市場は反落。12月生産者物価の伸びがコンセンサスを下回った事や週末からの決算シーズンへの期待を背景に買い優勢で寄り付くと36,513ドル(+223)まで上昇。しかし、ブレイナードFRB理事による早期利上げ示唆、テクニカル不安(10日線の上値抵抗感)などがネックとなり、昼過ぎから引けにかけては軟調に推移。個別では マイクロソフト、アップル、セールスフォースなどハイテク株が指数の重石に。ナスダックも主要銘柄が軒並み売られて急反落。

NYダウ 36,113ドル −176、ナスダック 14,806p −381

米10年債利回り 1.695% −0.030、為替  114.09円/ドル
NY原油 82.12 −0.52、CME225 28,275円

13big (13)

□ 本日の戦略 : ポジション調整が重石

CME225にサヤ寄せした軟調スタート後、引けにかけてもNY株の急ブレーキ、国内オミクロン型コロナの感染拡大、年初からの不安定な推移による手仕舞い需要の膨張などが足かせとなる売り優勢の展開が本線。SQ後の先物主導のブレにも要注意。想定レンジは28,050〜28,500円。

★ 本日の戦略 : 過不足を調整して週末へ!

先週後半から今週前半にかけてのストレス玉の縮小策の後は、目先の押しをターゲットを絞って買い向かう方針を継続。日米株価指数ともに想定以上に「10日線の壁」が厚く、中小型株全般に戻り売りが効きにくい ≒ 潜在的売り圧力の大きい状態となっているため、手仕舞い条件の徹底、保有銘柄数の増やしすぎNGもそのまま。

★ 6674 GSユアサ : 引き続き、10日線が控える2,580円前後などを意識しながら2,5●0円近辺までの買い下がりへ。

☆ 2000番台スポット銘柄 : 買い事由の乏しい地合い+市場マインドの冷え込み=仕込み好機!ターゲットプライスまでの下押しに期待!

【ウォッチ銘柄】
△ 1570 日経レバ
日経28,000円付近は余力残しの打診買い(増し)がおススメ。

   (会員サークルより
 >>Sラボ参加案内

『 丹念なリスクマネジメントの繰り返し!』

では 本日もよろしくお願いします。