おはようございます。

昨日のNY株式市場は暴落。40年ぶりの高水準で着地した英4月CPI、前日のウォルマートに続く小売り大手ターゲット、ロウズの決算悪などがインフレによる景気悪化懸念を高めて先行。先物での仕掛け売り・アルゴの投げ売りも巻き込んで31,393ドル(−1260)まで下落すると、引けにかけての戻りも限定的に。NYダウとSP500は年初来安値を更新。ナスダックも主要銘柄が全面安となって暴落。

NYダウ 31,490ドル −1164、ナスダック 11,418 −566
米10年債利回り 2.885% −0.084、為替 128.25円/ドル
NY原油 109.16 −3.24、日経先物 26,280円 −570

big (14)

□ 本日の展望 : 売り優勢 ± 先物需給

NYタイムの日経先物終値(26,290円)にサヤ寄せした急落スタート後、引けにかけてもNY株先物に神経質な展開へ。想定レンジは26,100 〜 26,600円。

★ 本日の戦略 : 日経レバの買い直し+アルファ

前日の小売り最大手のウォルマートの決算悪や長期金利の上昇をスルーしながら、昨日のターゲット・ロウズの決算を嫌気した流れは、金融資本による「きっかけは何でも良いので売りたかった」思惑が見て取れます。すなわち、理論理屈よりも需給が主導した急落と捉えるのがスマート。

よって、短期的には更なる下押し ≒ 日経平均の25,500円台半ばまでの下振れも想定したディフェンス策を優先しながら、売り一巡後の相応の反発 & 反騰トレンド入りへの備えを並行していきたいところ。

前者に対してはストレス玉の縮小と手仕舞い条件の徹底 ≒ 弱テクニカル銘柄の不用意なホールドはNG、後者に関しては予定通り日経レバ(1570)の買い直し →  ☆★Sラボ銘柄の買い増し狙いへ!

(会員サークルより >>Sラボ参加案内

『 複数回の軽い利益 < 少数の厚い利益! 』

では 本日もよろしくお願いします。