おはようございます。

昨日のNY株式市場は続伸。人気SNS「スナップチャット」を運営する米スナップが、第2Q決算が従来予想を下回る見込みと発表したことで、ネット広告に依存するメタプラットフォームズ、ネット検索のアルファベットなど主力ハイテク株を中心に売りが拡散。11時ごろに31,365ドル(−514)まで下値を探ると、引けにかけては前日比プラス圏に浮上。個別では ユナイテッドヘルス、JPモルガン、IBM、マクドナルドなどが指数を下支え。ナスダックは主要銘柄が軒並み売られて大幅安。

NYダウ 31,928ドル +48、ナスダック 11,264 −270
米10年債利回り 2.759% −0.099、為替 126.86円/ドル
NY原油 109.77 −0.52、日経先物 26,690円 −50

NYダウのテクニカルは、4月下旬からの下方トレンドを継続。ただし、下ヒゲ陽線での10日線上の維持、MACD陽転気配などから反騰トレンド入り気配も強める格好。

11

□ 本日の展望 : 売り優勢

ナスダック急落による市場マインドの軟化が足かせとなる売り優勢の展開が本線。ザラ場中のNY株先物なりのブレにも要注意。想定レンジは26,550〜27,000円。

★ 本日の戦略 : 続・好トレンド銘柄の押し目買い!

今晩の5月FOMC議事録に絡めた需給混乱に備えるんべく、ストレス玉や弱テクニカル銘柄のポジション縮小、手仕舞い条件の徹底などで下押しリスクを管理。攻撃面では日経レバ(1570)の増減、テーマ性とテクニカル形状の分散に配慮した好トレンド東証準主力・中小型株の仕込みを継続。

★☆Sラボ5銘柄、日経レバも昨夕の戦略を踏襲。

【ウォッチ銘柄】

△ 8056 BIPROGY、3902 MDV、3937 Ubicom

厚生労働省はマイナ(ンバーカード)保険証の運用に必要なシステムの導入を、2023年4月に原則すべての病院に義務化する方針との報道。

△▼ 4689 ZHD、4751 サイバーA、2433 博報堂
スナップチャットの業績悪化による広告関連への悪影響は昨日中にある程度は織り込んでいますが、そもそものチャートが悪い銘柄は調整ムードの中長期化に警戒。

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

『 リスクを管理し、チャンスの通り道に布石を打つ! 』

では 本日もよろしくお願いします。