本日の日経平均は続落。動意の乏しい展開となった前日のNY株なりに小安く寄り付くと、決定的な悪材料が見当たらない中、月末・四半期末需給の売り傾斜によりジリジリと下値を切り下げ、14時台に26,324円(−480)まで軟化。東証主力株は売り優勢。6954 ファナック、9984 ソフトバンク、9983 ファストリが値下がり寄与度上位(2,4,5位)を占めた事からも、「先物での短期筋の仕掛け売り主導の日経安」の側面が顕著に。

中小型株は 8136 サンリオ、3903 gumi、8179 ロイヤルHD、8848 レオパレス、3825 リミックスポイント、1711 SDS、2778 パレモ、4169 EneChange、7359 東京通信、9227 マイクロ波化学、3628 データホライゾンなどに短期資金が流入。

日経平均 26,393円 −411、Topix 1,870 −22
225先物(6月限)26,310円、為替 136.21円/ドル
NYダウ先物 30,821ドル −178

big (2)

【ウォッチ銘柄】

△▼ 3089 テクノアルファ
5月中間期経常益は前年同期比2倍の1.69億円で着地。割り切り対象で軽めにケア。7921 宝印刷、4394 エクスモーション、8892 日本エスコンなども同様。

■ 後記 : 本日26,300円台までの下落により、「26,500−26,700円レンジ」の底堅さを期待した“勝負どころ”方針は黄色信号が点灯。カレンダー要因(四半期末・期初の特殊需給の売り傾斜)による下落の可能性が高いだけに、10日線(26,391円)際からあっさりと27,000円台を回復するシーンを期待していますが、売買戦略の前提としては楽観すぎ。
よって、明日は一定の余力維持と手仕舞い条件の徹底に加えて、ストレス玉・弱テクニカル銘柄のポジション縮小により下押しリスクに備えつつ、月初からの物色テーマへの乗り換え準備を進めていきたいところ。

〜(略)〜

当観点から、条件が整う場合には明日にも☆★新銘柄の仕込みに回ってください!

    (会員サークルより
 >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れさまでした。

お帰り前にこちらも是非!
    
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村