前場の日経平均は反発。先週末の「月初需給の売り傾斜」の反動により堅調によるつくと、前引けにかけては26,000円を挟んで方向感乏しく推移。東証主力株は買い優勢。9984 ソフトバンク、6367 ダイキン、6098 リクルートが指数高を牽引。

□ 午後の展望 : 26,000円付近の持ち合い

今晩のNY休場の影響による同意の乏しい流れが本線。NY株先物の下振れによる25,900円割れにも要注意。

■ 午後の展望 : 続。守備固め → 反撃への布石!

リバウンド局面でのストレス玉の縮小を軸としながら、ターゲットと的を絞った強気戦略を継続。

☆ 4180 Appier : 900円台での追加利確後、押しは8●0円をメドに買い下がるスタンスで。

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。
          
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村