前場の日経平均は続伸。前日のNY市場目立った変化はなかったものの、今晩の米7月雇用統計に絡めた需給調整( ≒ 売り方のポジション縮小)とみられる買いが優勢となり、10時台に28,167円(+234)まで上昇。東証主力株も買い優勢。

中小型株は 2372 アイロム、5408 中山製鋼所、5208 有沢製作所、8154 加賀電子、3903 gumi、7238 曙ブレーキ、9424 日本通信、5035 HOUSEI、2150 ケアネット、1514 住石HD、3758 アエリアなどに短期資金が流入。

□ 午後の戦略 : 買い優勢

28,000〜28,200円レンジの堅調地合いが本線。前場の騰勢が先物需給主導とみられるだけに、突発的なブレ(28,300円超え、28,000円割れ)も念頭に。

■ 午後の戦略 : 続・買いに軸足を置いた週末シフト!

今晩の米雇用統計における景況感の悪化、台湾併合を目論む中国共産党とバイデン政権との関係悪化などを中心とする週末リスクに備えるべく、ストレス玉や決算目前銘柄の縮小による3割+アルファの余力確保を優先。

その上で、米長期金利の低位安定ムードを追い風とする更なる地合い良化に備えるべく、好トレンド銘柄から、日経高への感応度、テクニカル形状の分散などを意識したポジショニング、押し目買い・上昇時の売りすぎ注意スタンスを継続。

★ 3436 SUMCO
7/21 1,827円 → 8/5 1,963円 +136 7.4%上昇
昨日の決算を素直に好感して1,963円まで上昇。一部利確を計っていただいたら、引き続き日経高対応ポジションの中核として、1,8●0円付近までの押しを買い直す方針で。

big (3)

☆ 4180 Appeir 
7/28 860円 → 8/5 954円 +94 10.9%上昇
こちらで公開させていただいた昨日後場寄り910円台からのエントリーでも即転が効く流れ。先月下旬に☆提案を見送ったラクス(3923)、Sansan(4443)などに比べた見劣り感は否めませんが、決算シーズン中の脱力トレードを踏まえればまずますの動き。安値で乗れている銘柄は、乗り換えよりも利を伸ばす算段を優先してください。

big (4)

☆ 7744 ノーリツ鋼機
7/8 2,232円 → 8/5 2,445円 +197 9.4%上昇
諸要因から新規買い対象としては取り下げましたが、先行き期待は不変。ここからも8/12の決算を意識しながら丁寧に。

では 午後もよろしくお願いします!☆

「SUMCO、Appeir、Sansanみてるよ!」
・・・こちらも是非!