おはようございます。

昨日のNY株式市場は反落。先週の騰勢の余韻に加えて、ブレイナードFRB副議長による利上げペース減速示唆を追い風に13時台に33,964ドル(+216)まで上昇。しかし、買い一巡後は節目の34,000ドルを意識した利確売り、中国を中心とする世界的な景気停滞懸念、米長期金利の上昇などを利確のきっかけとしたハイテク株安が重石となり、一日の安値圏で取引を終了。

NYダウ 33,536ドル −211、ナスダック 11,196 −127
米10年債利回り 3.872% +0.043、為替 139.78円/ドル
NY原油 85.87 −3.09、日経先物 27,960円 +0

big (8)


□ 本日の展望 : テクニカル調整 ± 先物需給

NYタイムの日経先物なりに昨日終値水準で再開した後、引けにかけては手掛かり材料難の中、直近の急ピッチの上昇に対するテクニカル調整 ≒ 持ち合いによる日柄調整優位の推移が予想されます。引け味を悪くしたNY株先物なりの下押しには要注意。想定レンジは27,700〜28,200円。

★ 本日の戦略 : 小休止にて全体動向を俯瞰!

日米株は米雇用統計(11/4)を起点とする上昇第三波に順じた強気スタンスの継続が本線。ただし、短期的には「10日線付近の攻防」優位なテクニカル、先週からの個別全般の底上げ一服感に加えて、明日からの実質決算シーズン明けによる新たな物色潮流を確認したい背景からは、半歩引いてマーケット全体を俯瞰する一日に充てたいところ。

よって、本日は3割+アルファの余力維持と手仕舞い条件の徹底によるリスク管理はそのままに、ストレス玉に加えて過熱感の顕著な銘柄群もポジション縮小で対応。その上で(過熱感の乏しい)好トレンド銘柄は押し目買い・上昇時の買い増し・売りすぎ注意スタンスで臨んでください。

【ウォッチ銘柄】

△▼ 7895 中央化学、3082 きちり、7809 壽屋、4196 ネオマーケティング、3469 デュアルタップ、9450 ファイバーゲート
昨夕触れたAbalance、グッドスピードなどとともに決算絡みの割り切り対象でケア。貸借銘柄は急騰時の空売りも妙手。

★☆Sラボ銘柄も昨夕の戦略を踏襲。★ ラクスル(4384)、☆ メルカリ(4385)の急騰により☆★新規買い対象が2銘柄まで減少している状況ですが、本日の俯瞰によりタメを作り、明日以降の瞬発力に生かしてください!

    (会員サークルより
 >>Sラボ参加案内

『 成否を偶然と必然に分類し、次に生かす! 』

では 本日もよろしくお願いします。

「ラクスル、Henngeみてたよ」・・・こちらも是非!☆