前場の日経平均は小幅反落。ロシア軍ミサイルのポーランド着弾を受けたG7・NATOの緊急首脳会合が地政学的リスクを高めて27,743円(−247)まで下落する場面もあったものの、前引けにかけては押し目買いが支えとなって27,900円台を回復。東証主力株は売り優勢。

中小型株は 6890 フェローテック、2980 SRE、9227 マイクロ波化学、7794 EDP、4165 プレイド、4260 ハイブリッドテクノ、6338 タカトリ、7809 壽屋、6614 シキノハイテック、3358 YSフード、4449 ギフティ、3916 デジタルインフォメーション、6480 日本トムソン、6095 メドピアなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 模様眺め継続

手掛かり材料難の中、直近の「持ち合いによるチャート調整」継続が本線。

■ 午後の戦略 :  続・持ち合い下のポジション調整!

全体戦略としての日経27,600円水準までの買い下がり、個別戦略としての好トレンド銘柄への資金集約、押し目買い・上昇時の売りすぎ注意スタンスを継続。

☆3000番台銘柄、☆6000番台銘柄も昨夕の戦略を踏襲。

☆ 本日からの新スポット銘柄 
前場中の大幅高にて新規買い妙味が低下。一旦は様子見で。

    (会員サークルより
 >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】

△ 4165 プレイド
勘助氏注目中。アイドマ(7373)も騰勢を維持。
 
△ 6890 フェローテック
2日で21%の急騰に!エッジテクノロジー(4268)、ビリングシステム(3623)は押し目買い狙いで継続注視。

では 午後もよろしくお願いします。
     
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村