おはようございます。

昨日のNY株式市場は反落。朝方発表された10月小売売上高はコンセンサスの前月比+1.0%を上回る+1.3%で着地した一方、ディスカウントストア大手のターゲットの決算悪が小売り関連への売りを誘発してマチマチのスタート。引けにかけても手掛かり材料難の中で方向感は生じず、33,500−33,600ドル台半ばレンジで持ち合う展開に。ナスダックも米長期金利の急落に反して下落。「金利低下 = ハイテク株高」の相関性低下に注目

NYダウ 33,553ドル −39、ナスダック 11,183 −174
米10年債利回り 3.693% −0.105、為替 139.44円/ドル
NY原油 85.59 −1.33、日経先物 27,910円 −130
 
ナスダックのテクニカルは8月以降の下落トレンド後、2度目の10日・20日線のゴールデンクロスにより本格反騰トレンド入りが期待される形状に。※「2度目」がポイント。

big (5)

□ 本日の展望 : 持ち合い継続 ± 先物需給

10/1からの上昇トレンド内の日柄調整による「27,800−28,200円レンジの持ち合い」継続が本線。テクニカルは煮詰まり感も生じているため、突発的な先物主導のブレ、特に27,000円台半ばまでの下押しに要注意。

★ 本日の戦略 : 続・脇を締めつつ“物色の二極化”シフト!

全体戦略としては「現在の日柄調整後の上値追い再開」に軸足を置いた強気スタンスを継続。日経ベースで27,600円付近までを買い下がりながら、上昇時の売りすぎ注意方針で対応。値幅調整リスクに対しては、3割程度の余力維持、銘柄の衝動買いを控える他、手仕舞い条件の徹底でケア。※ 27,400円割れは「悩んだら買いは様子見・手仕舞いは実践」の慎重度アップへ。

個別戦略に関しては、先週の全般的な底上げムード終焉 → 実質決算シーズン明けによる“物色の正常化・二極化”を念頭に、過熱感の乏しい好トレンド・テクニカル良化気配銘柄にポジションを寄せていきたいところ。

★☆Sラボ銘柄 : ☆ ラクーン(3031)、☆ 6900番台 も昨夕の戦略を踏襲。即日急騰を果たした☆昨日の新スポット銘柄の代替イメージで 本日からは☆ 新スポット銘柄の仕込みを開始!

『 戦略は直線ではなく、円を描くように! 』

11/11−20スタートコースの新メンバーさん募集中!
   
4343aquab02-001 

【ウォッチ銘柄】

△ 2158 Fronteo、4422 ValueNex
東証Gでは継続注目中のビリングS(3623)、エッジテクノロジー(3623)に加えて、AI・ビッグデータのこの辺も順張り短期回転狙いでケア。

では 本日もよろしくお願いします。

☆昨日の新スポット銘柄はこちらで公開中! 
  
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村