本日の日経平均は続伸。前日のNY株はハイテク主導で軟調に推移したものの、141円台を回復したドル円を建て前に日経先物に買いが入り、10時台に28,203円(+258)まで上昇。引けにかけては祝日前のポジション整理に上値を抑えられたものの、概ね28,100円台で堅調に推移。東証主力株は買い優勢。4543 テルモ、4568 第一三共、4519 中外製薬、4507 塩野義など薬品株が指数高をサポート。

中小型株は 2307 クロスキャット、2767 円谷フィールズ、4890 坪田ラボ、4165 プレイド、4575 キャンバス、2195 アミタ、4937 WAQOOなどに短期資金が流入。

日経平均 28,115円 +170、Topix 1,994 +22
日経先物(12月限)28,120円、為替 141.68円/ドル
NYダウ先物 33,760ドル +25

big (15)

■ 後記 : 日経平均はテクニカル良化により「持ち合い上放れ」期待が浮上。ただし、個別全般への反応は限られ、物色対象に持続可能なテーマや柱不在な状況だけに、引き続き アンテナを広げてマーケットに対峙したいところです。

今晩のNY概況は明朝に、「11/24の展望・戦略」は当日寄り前に更新させていただきます。

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらも是非!☆