おはようございます。

昨日のNY株式市場は小幅に反発。前日のブラード・セントルイス連銀総裁による利上げ長期化示唆、中国でのゼロコロナ政策への抗議デモ拡大懸念が重石となった一方、33,600ドル台では押し目買いが下支えに。セクター別では金融や景気敏感セクターが堅調に推移。ナスダックは金利上昇を嫌気して続落。

NYダウ 33,850ドル +1 、ナスダック 10,983 −65 
米10年債利回り 3.751% +0.050、為替 138.76円/ドル
NY原油 78.20 +0.96、日経先物 27,980円 −80

big

□ 本日の展望 : 持ち合い継続 ± 先物需給

10月前半以来の「3日続落」によるテクニカルと市場マインドの軟化、
週末の米雇用統計まで連日続く米リスクイベントへの警戒感などが重石となる28,000円付近の持ち合いが本線。10:30発表の中国11月製造業PMI、来週末のメジャーSQを視野に入れた先物需給なりの下押しには要注意。想定レンジは27,700〜28,200円。

★ 本日の戦略 : 米リスクイベントへの備え → 押し目買い!

日米株は米リスクイベント(今晩のADP雇用報告、明日のISM指数、PCEデフレータ、週末の雇用統計など)に絡めた上値追い再開も期待されますが、テクニカル軟化気配を踏まえれば無理は禁物。手仕舞い条件の厳しめ設定 & 徹底、ストレス玉の大胆な縮小、東証主力株軽視などによるリスク管理を優先。

その上で、今月上旬同様に米リスクイベントがポジティブ効果をもたらす場合に備え、テーマ性、テクニカル形状、グロース銘柄とプライム・スタンダード銘柄との分散などに配慮しながら、流動性高めの好トレンド中小型株をポジションの中核に据えた押し目買い狙いを邁進していきたいところ。

慎重派の方は通常よりもやや多めの余力残しで週末の米雇用統計を迎えるのがおススメ。

【ウォッチ銘柄】


△ 2982 ADワークス
22年12月期経常益が会社予想を小幅に上回る前期比3割弱増の8億円強になる見通しとの報道。3814 アルファクス、6034 MRTなどとともに割り切り対象でケア。

△ 3915 テラスカイ、3858 ユビキタス
昨日急動意銘柄を押し目買い短期回転狙いで注目。

『 丹念にリスクを回避し、チャンスに備える! 』

では 本日もよろしくお願いします。
     

★☆Sラボ銘柄 :
☆ サイバーセキュリティ(4493)など新規買い対象4銘柄を中心に昨夕の戦略を踏襲。足元の騰勢を生かしながら、来週以降への備えも並行!

12/1−10スタートコースの新メンバーさん募集開始!
   
4343aquab02-001   
※ 本日中にお手続きいただいた方には、スタート期間を前倒しして本日中にID・パスワードをお送りします。